AOMEI Backupper でクローンを作る




HDDやSSDのストレージでクローン(HDDやSSDをコピーする)を作るソフトに「AOMEI Backupper Standard」というフリーソフトがあります。

このフリーソフトは、クローンだけではなくファイルなどのバックアップをすることができます。

ここでは、AOMEI Backupper Standardを使ってHDDやSSDのコピーを作る方法を説明します。

AOMEI Backupper Standardの使い方

注意
・AOMEI Backupper Standardは、HDDやSSDのパーティション形式がMBR形式でないと「クローン」の作成ができません。
・GPT形式の場合は有料版でないと、クローンができません。
次の画面の様になり、アップグレード(有料)になり「開始」が押せません。

パソコンとHDDやSSDのつなぎ方

ここでは、パーティションがMBR形式のクローンについて説明します。

1.図のように、パソコンとHDDやSSD(外付けHDDケース)をUSBケーブルで接続します。

2.クローンソフトは、次のようなクローンを作ることができます。

  • HDD→SSD
  • HDD→HDD
  • SSD→HDD
  • SSD→SSD

パーティションがMBR形式の場合

1.AOMEI Backupper Standardを起動します。
「クローン」をクリックします。

2.「ディスククローン」をクリックします。

3.「ソースディスク」の画面でクローンしたい(コピー元)のディスクを選びます。
ここでは、Cドライブを選択します。(CドライブにはWindowsなどの、起動ファイルなどがインストールされています。)
「次へ」をクリックします。

4.「ターゲットディスク」の画面でクローン先(コピー先)のディスクを選びます。
ここでは、ディスク2の外付けドライブを選択します。
「次へ」をクリックします。

5.作業の確認の画面です。
「はい」をクリックします。

6.操作内容の確認をして、「開始」をクリックします。

7.「クローン」が開始されます。

8.「操作が正常に完了しました」と表示されましたら、「完了」をクリックします。

9.ホーム画面に戻りますので、画面を閉じて終了です。

クローンしたディスクを確認する

1.「スタート」→「右クリック」→「メニュー」→「ディスクの管理」を開きます。

2.外付けドライブの「ディスク2」に「ディスク0」と同じ内容が作成されています。

3.ディスク2の「ドライブ文字」が「F:」となっていますが、このままで大丈夫です。

本当に使えるのかを確かめてみる

作成したクローンのディスクをパソコンに付いているものと、交換して実際に動くかどうかを確認してみなす。

1.パソコンの電源を切ります。

2.HDDやSSDに接続されている、SATA電源ケーブルとSATA通信ケーブルを取りはずします。

3.クローンで作ったHDDやSSDにSATA電源ケーブルとSATA通信ケーブルを取り付けます。

4.Cドライブ以外に取り付けてあるディスクがある場合は、取りはずしておいた方が確実です。

5.パソコンが正常に起動したら、電源を切ります。

6.クローンのHDDやSSDを取りはずして、元の構成に戻します。

7.以上で完了です。

AOMEI Backupper Standardは、見た目がきれいで作業の経過がわかりやすいソフトです。ただ無料版ではGPT形式のパーティションに対応していないのが、残念です。

以上で「AOMEI Backupper でクローンを作る」の説明を終わります。