MBRとGPTパーティションの選び方




MBRとGPT形式とはHDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)を使用できるように、パーティション(仕切り)を作るための形式のことです。

HDDを使用できるようにするには、最初にパーティションの形式を、MBRとGPT形式のどちらかに決めなければなりません。

MBRとGPTの概要

MBRの特徴

MBRは、以前から使われているパーティション管理の形式です。今でも広く使われています。

• 古いパーティションの方式です。
• ディスクのサイズは、2TBまでサポートします。
• パーティション数は、4つのパーティションを作成できます。
• 32bit環境まで
• どのマザーボードでも使用可能
• すべてのオペレーティング・システムをインストールできます。

GPT形式の概要

• 新しいパーティションの形式です。
• 2TB以上(最大8.5ZB) 1ZBは1TBの10億倍なので、85億TBとなります。
• 最大128個までパーティションを作れます。
• 64bit環境が必要
• マザーボードがUEFIに対応している必要がある
•  Windows XP 64ビットでは、GPTディスクをシステム用ではなくデータストレージとして使用できます。

●GPT形式に対応しているOS

Windows XP 64bitWindows Vista 32bit / 64bit
Windows 7 32bit / 64bit
Windows 8 32bit / 64bit
Windows 8.1 32bit / 64bit
Windows 10 32bit / 64bit
これらのOSは、ハードディスクを初期化するときに、MBRかGPT形式かを選べます。

データドライブとして使用する時

データドライブ(OSをインストールしないドライブ)として、HDDを追加するときは次のような条件で、パーティションの形式を選ぶようにします。

●GPT形式を選択する
1.HDDの容量が、2TB以上の場合。
 (2TB以下の容量のHDDをGPT形式で使うこともできます。)
2.パーティション数を、4つ以上作成する場合。

●上記以外のときは、MBR形式を選択する

どちらの形式を選んでも、使用できないということはないようです。

システムドライブとして使用する時

システムドライブ(OSをインストールするドライブ)として、HDDやSSDを使う場合は次のように選びます。

OSのインストールは、AHCI(BIOSブート) でインストールするとHDDは強制的に「MBR」になります。

UEFIブートでインストールすると、HDDのパーティション形式は強制的に「GPT」になります。

UEFIで64ビットの場合は、GPT形式でなければOSをインストールできません。

MBRとGPTパーティションの選び方 についての説明を終わります。







スポンサーリンク