ファイル・フォルダーをゴミ箱へ削除




パソコンを使っていると、ファイルやフォルダーが増えてきて、ハードディスク(HDD)の空き容量を減らします。

そのままにしておくと、パソコンの動作が遅くなるような原因になります。不要になった、ファイルやフォルダーはゴミ箱に削除して整理するのが良いでしょう。

「Delete」キーを使ってゴミ箱へ削除する方法

パソコンのキーボードにある「Deleteキー」を使って、ゴミ箱に削除することができます。

デスクトップにあるファイルやフォルダーを、削除する場合
1.ゴミ箱に入れるものを、マウスでクリックして選択状態にします。

2.次に、「Deleteキー」を押すと、「削除の確認」画面になります。

ゴミ箱の設定によっては、確認画面はでません。

ゴミ箱の設定方法

2019年4月19日

3.「はい」をクリックすれば、ゴミ箱へ移動して削除になります。

エクスプローラーにあるファイルやフォルダーを削除する場合
1.ゴミ箱に入れるものを、選択状態にします。

2.次に、「Deleteキー」を押します。
 「削除の確認」画面がでたら、「はい」をクリックします。
 選択したフォルダーは、ゴミ箱へ移動して削除されています。

フォルダーを削除すると、フォルダーの中にあるファイルも削除されるので注意が必要です。

ドラッグしてゴミ箱に削除する方法

ファイルやフォルダーを、ゴミ箱にドラッグすると削除することができます。

デスクトップにあるファイルやフォルダーを削除する場合
1.削除するファイルやフォルダーを、ドラッグしてゴミ箱へ移動します。
 ゴミ箱へ入ると「ゴミ箱へ移動」と表示されるのでドロップします。

2.エクスプローラーのファイルやフォルダーを削除する場合
 この場合も、デスクトップのときと同様に、ドラッグしてゴミ箱へ移動して削除します。

ドラッグして削除したファイルやフォルダーは、ゴミ箱に移動します。元にあったところからはなくなります。

3.選択したフォルダーが削除されています。

マウスの右クリックで削除する方法

デスクトップにあるファイルやフォルダーを削除する場合
削除するファイルやフォルダーを、右クリックしてメニューの削除をクリックします。

エクスプローラーのファイルやフォルダーを削除する場合
削除するファイルやフォルダーを、アクティブにして「右クリック」のメニューの中の「削除」をクリックします。

削除の確認がでた場合は、「はい」をクリックすれば削除できます。

ファイル・フォルダーをゴミ箱へ削除の説明を終わります。







スポンサーリンク