電源メニューの種類

電源メニューの種類

電源メニューは「スタート」をクリックし、「電源のアイコン」をクリックするとメニューが表示されます。

電源メニューの種類と動作内容

電源メニュー 機能説明
再 起 動 パソコンの電源を完全に切って、終了させた後で再び起動する操作です。
シャットダウン パソコンのシステム情報をファイルに保存して、パソコンの電源を切ります。
休止状態 使っているプログラムや、開いているファイルをハードディスクに保存して、コンピュータの電源を切ります。
作業を再開するときは、スリープよりも時間がかかります
スリープ パソコンを待機状態にします。電力をほとんど使用しない状態ですが、復帰する時は高速に起動します。

電源メニューにスリープや休止状態を表示する

パソコンの設定により、電源メニューにスリープや休止状態がないこともあります。

電源メニューにスリープを表示する

コントロールパネルの開き方
コントロールパネルは「スタート」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」で開くことができます。

1.電源メニューにスリープを表示するときはコントロールパネルを開いて、「システムとセキュリティ」をクリックします。

2.電源オプションの項目にある「電源ボタン動作の変更」をクリック

3.コントロールパネルの「システム設定」が開きます。
「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

4.「シャットダウン設定」の項目が変更できるようになりますので「スリープ」にチェックを入れます。
次に「変更の保存」をクリックします。

5.右上の「×」で画面を閉じます。

6.以上で電源メニューに「スリープ」が表示されるようになります。

電源メニューに休止状態を表示する

1.上記の電源メニューにスリープを表示するの項目の「4」にある、「休止状態」にチェクを入れます。
次に「変更の保存」をクリックします。

2.右上の「×」で画面を閉じます。

3.以上で電源メニューに「休止状態」が表示されるようになります。

高速スタートアップを無効にする方法

高速スタートアップは、Windows10 の初期状態で「有効」になっています。

高速スタートアップとは、シャットダウンの前のPCの状態を保存することで、次回のパソコンの起動を速くするための設定です。

高速スタートアップは、コントロールパネルから「有効と無効」の設定ができます。

ここでは、高速スタートアップを無効や有効にする方法を説明します。

1.スタートボタンから「設定」を開く。
「システム」をクリックします。

2.システムの中の「電源とスリープ」をクリックします。
次に、「電源の追加設定」をクリックします。

3.「電源ボタンの動作の選択する」をクリックします。

4.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

5.「高速スタートアップを有効にする」のチェックがはずせるようになります。

6.「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外すと無効になりますので、チェックを外して「変更の保存」をクリックする。

7.前の画面に戻りますので、「×」をクリックして画面を閉じる。
「設定」の画面も同じように閉じます。

高速スタートアップを有効にする場合は、「高速スタートアップを有効にする」の項目にチェックを付けて「変更の保存」をクリックします。

高速スタートアップを一時的に無効にする方法

Shiftキーを押しながら、スタートボタン→電源→シャットダウンを操作することで無効にすることができます。

以上で「電源メニューの種類」の説明を終わります。