スマートフォンの電話の取り方と切り方




ガラケーといわれる携帯電話なら、通話するボタンと切るボタンがありわかり易くなっていました。

スマートフォンの場合は、ガラケーとは違うので慣れないと戸惑います。

スマートフォンの電話の取り方

スマートフォンに電話がかかってきたときの例です。機種により表示が異なリますので参考にしてください。

1.「電話に出る」をタップすると、通話状態になります。

2.スマートフォンの状態が、スリープ状態のときは次のように表示されるときもあります。
この場合は、「指」でアイコンを「上にスワイプ」させると通話状態になります。

3.いずれにしても、電話に出るときは「緑のアイコン」を使います。

●電話以外の画面になってしまったとき

1.着信中にホーム画面などになってしまったときは、「上の端(ハシ)」を下にスライドさせます。
電話の呼び出し画面になりますので上にスワイプして応答します。

スマートフォンの電話の切り方

1.電話を切るときは、「赤のアイコン」をタップします。

2.通話中にスリープ画面になってしまったときは、「上の端(ハシ)」を下にスライドさせると通話画面にもどります。
「赤のアイコン」をタップして電話を切ります。

3.いずれにしても、電話を切るときは「赤のアイコン」を使います。

以上で「スマートフォンの電話の取り方と切り方」の説明を終わります。