デスクトップ画面の説明




スポンサーリンク



デスクトップ画面の説明

パソコンを起動して最初に表示される画面を、デスクトップ画面と言います。

パソコンで何かの作業をする時には、必ずこの画面から始めます。

デスクトップとは机のことを意味していて、この上で色々な作業をします。

デスクトップ画面には、ゴミ箱やアプリのアイコン、スタートボタンなどが表示されています。

デスクトップのゴミ箱は不要のファイルなどを捨てる場所

ごみ箱は普通、デスクトップ画面の左上にあります。

もちろん、ドラッグすることで位置を変えることができます。

ごみ箱に、不要になったファイルなどを捨てることができますが、これは一時的なもので、元に戻すこともできます。

デスクトップ画面の、ごみ箱を空にすることで削除することができます。

デスクトップ画面のごみ箱が空の時の表示

デスクトップ画面のごみ箱にゴミが入っている時の表示

デスクトップ画面のごみ箱を空にする

1. ごみ箱のゴミを捨てるには、デスクトップ画面のごみ箱をW(ダブル)クリックする。

ごみ箱のフォルダが開く。

2. 「ごみ箱を空にする」をクリックする。

「削除しますか?」と聞いてくるので、「はい」をクリックする。

3. デスクトップ画面のごみ箱の中が空になりました。

これで、ごみ箱に捨てたファイルを完全に削除することができました。

デスクトップのプログラムやフォルダ

デスクトップ画面のファイルなどのアイコンを、「Wクリック」するとプログラムが起動します

フォルダを「Wクリック」するとフォルダが開きます。

デスクトップ画面のアイコン(プログラム)を起動するには、Wクリックするのが基本です。

デスクトップ画面のスタートボタン

デスクトップ画面のスタートボタンを、クリックするとメニューが表示されます

起動したいタイルをクリックするか、左側の一覧から選んでクリックします。

デスクトップのタスクバーにピン留めされたアイコン

デスクトップ画面の、この領域のこと全体をタスクバーといいます。

タスクバーのアイコン

デスクトップ画面のタスクバーにピン留めしたアイコンは、ワンクリックで、プログラムを起動させることができます。
クリックをする度毎に、ウインドウを閉じたり開いたりできます。

通知領域

デスクトップ画面の、この領域のことを通知領域といいます。

タスクバーの右側のこの部分を、通知領域といいます。

日付、時刻、スピーカ、お知らせなどさまざまな状態を通知します。

以上で「デスクトップ画面の説明」の説明を終わります。




スポンサーリンク