デスクトップ画面の設定とアプリの最小化




画面の解像度の変更

ディスプレイの大きさや、作業内容によっては解像度を変更したいときもあります。

解像度を変更するには、「設定」→「システム」→「ディスプレイ」から変更できます。

ディスプレイに最適な解像度は「推奨」と記載されています。

画面の文字の大きさの変更

画面に表示される文字が、標準サイズでは小さいと感じる場合は、次のようにして変更できます。

「設定」→「システム」→「ディスプレイ」で、文字の大きさを変更することができます。

夜間モードで「ブルーライト」を軽減

パソコンのディスプレイに含まれる「ブルーライト」という青色光は、目に負担がかかると言われています。

ブルーライトが気になるときは、「夜間モード」をオンにすれば設定を切り替えることができます。

詳細設定
夜間モードの細かい設定は、「夜間モードの設定」から行うことができます。

アプリを一度で最小化する

デスクトップに開いているアプリを一度に最小化して、デスクトップを見やすくする方法があります。

また、デスクトップ画面の解像度や文字の大きさの設定を変更する方法を説明します。

複数のアプリを起動すると、ウィンドウで背後のデスクトップが見えなくなります。

デスクトップがこのような状態だと、新たな作業をしたいときとても面倒です。こんなときは、良い方法があります。

ショートカットを使うと簡単です。
「Windowsボタン」+「D」キーを押すと、起動しているアプリのウィンドウが強制的に「最小化」されます。

デスクトップ画面の設定とアプリの最小化 の説明を終わります。




スポンサーリンク