ディスクの管理でHDDのボリュームを設定する




ディスクの管理でボリュームの作成方法

HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)をパソコンに追加した場合、新しくボリュームを作る必要があります。新しくボリュームを作ることで、ドライブとしてパソコンに認識されます。

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.HDDを新しく追加して初期化をすると、次のように「未割り当て」の領域ができます。
通常はこれでHDDが認識されます。

3.容量は2TB(テラバイト)のHDDですが、使える容量は少し小さくなります。
「未割り当て」のところで、「右クリック」するとメニューがでます。
「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

4.「新しいシンプルボリュームウィザードの開始」の画面です。
「次へ」をクリックします。

5.「ボリュームサイズの指定」になります。
この画面のままで作成すると、容量全部を使ったボリュームができます。

6.ここでは、「600 GB」のボリュームを作ります。
サイズのところに、「600000」MB と入力します。
「次へ」をクリックします。

7.「ドライブ文字の割り当て」画面です。通常はこのままでOKです。クリックして好きな文字に変更してもかまいません。
「次へ」をクリックします。

8.「パーティションのフォーマット」です。通常はこのままでOKです。
「次へ」をクリックします。

9.「新しいシンプルボリュームウィザードの完了」です。
「完了」をクリックします。

10.ディスク1に「ボリューム(D:)」が作成され、残りは「未割り当て」になっています。
「未割り当て」の領域は、同じようにして新しいシンプルボリュームを作ることもできます。

ディスクの管理でボリュームの削除方法

Windows標準の「ディスクの管理」による「ボリュームの削除」は、現在あるボリュームを削除して「未割り当て」の領域を作ります。
この「未割り当て」を使って、ボリュームを拡張したり、新しいボリュームを作り直したりします。

ボリュームの削除は、ボリュームを作り直したいというときなどに使いますが、「中にあるデータ」はすべてなくなってしまいます。必要なデータはバックアップしておくことが必要です。

Windows10, 8.1の場合

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.ディスクの管理画面です。
ディスク1が、ボリューム(D:)、ボリューム(E:)にパーティション分割されています。
ここでは、ボリューム(E:)を削除して「未割り当て」を作ります。

3.ボリューム(E:)のところで、マウスの「右クリック」をするとメニューがでます。
「ボリュームの削除」をクリックします。

4.「シンプルボリュームの削除」の警告画面がでます。
「はい」をクリックします。

5.「シンプルボリュームの削除」が終わると、ボリューム(E:)が削除されて、「未割り当て」になりました。

「未割り当ての領域」を使って、新しいボリュームを作り直すこともできますし、ボリューム(D:)を拡張することもできます。

その他のWindowsのバージョンの場合

Windows10, 8.1以外の場合、ディスクの管理の起動方法を次のようにします。
「ファイル名を指定して実行」を使います。この方法はWindowsのバージョンに関係なく使用できます。

a.「Windows+R」を入力します。

b.「ファイル名を指定して実行」が開きます。
「diskmgmt.msc」と入力して「OK」または、「Enter」を押します。

c.「ディスクの管理」画面が開きます。
これ以後は、上の作業3以後と同じです。

ディスクの管理でフォーマットする方法

パソコンに接続されているHDDを、何らかの理由で「フォーマット」したいという場合が、でてくることがあると思います。

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.ディスクの管理画面です。
ここでは、「ディスク2」をフォーマットします。

ディスク0は、「Cドライブ」でWindowsがインストールされているドライブです。
通常の場合は「Cドライブ」をフォーマットすることはありませんし、フォーマットできないようになっています。「Cドライブ」をフォーマットすると、Windowsが起動できなくなったりしますので注意が必要です。

3.「ディスク2」のボリューム(:E)のところで、「右クリック」します。
「フォーマット」をクリックします。

4.フォーマットの画面です。
クイックフォーマットのチェックを確認して、「OK」をクリックします。

5.フォーマットの確認画面です。
「OK」をクリックします。

6.「フォーマット中」が表示されます。
しばらくして、フォーマットが完了します。

ディスクの管理でボリュームの拡張方法

HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)をパーティション分割して、いくつかのボリュームを作成した時、ボリュームに「未割り当て」の領域がある場合は、他のボリュームの領域を拡張することができます。

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.ディスクの管理画面が開きます。
ボリューム(D:)と「未割り当て」がありますので、ボリューム(D:)の領域を拡張します。

3.ボリューム(D:)のところで、マウスの「右クリック」をするとメニューがでます。
「ボリュームの拡張」をクリックします。

4.「ボリュームの拡張ウィザードの開始」画面です。
「次へ」をクリックします。

「未割り当て」の容量すべてを拡張する場合

1.「ディスク領域を選択」の数値を変えないで、「次へ」をクリックします。

2.「ボリュームの拡張ウィザードの完了」画面です。
「完了」をクリックします。

3.ボリューム(D:)が拡張されて、すべての領域がボリューム(D:)になりました。

「未割り当て」の容量の一部を拡張する場合

1.「ディスク領域を選択」の数値を「600000 MB」へ変更します。
つまり、ボリューム(D:)の容量を「600000 MB」拡張します。
「次へ」をクリックします。

2.「ボリュームの拡張ウィザードの完了」画面です。
「完了」をクリックします。

3.ボリューム(D:)の容量が585GBから1171GBに拡張されています。残りは「未割り当て」になっていますので、新しいボリュームを作ることもできます。

ディスクの管理でボリュームの縮小方法

パソコンに接続されているHDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)のパーティションを分割することができます。
「ボリュームの縮小」という機能を使うと、1つのボリュームを分割して、新たなボリュームを作ることができます。

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.ディスク1が、ボリューム(D:)、ボリューム(E:)にパーティション分割されています。
ボリューム(E:)を縮小で分割します。

3.ボリューム(E:)のところで「右クリック」します。
メニューの「ボリュームの縮小」をクリックします。

4.縮小前のサイズが表示されます。

5.「縮小する領域のサイズ」に「700000」MB を入れます。
ここで、入力したサイズの「未割り当て」の領域が作成されます。

6.ボリューム(E:)が分割されて、「未割り当て」の領域が作成されました。
「未割り当て」の領域は、新たにボリュームを作って使用することができます。

ディスクの管理でドライブ文字の変更方法

HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)が、複数あるパソコンのHDDをパーティション分割した場合、それぞれに C、D、E などの文字が付いています。ドライブ文字(ドライブレター)といいます。

ドライブ文字(ドライブレター)を変更するには次のようにします。

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.ディスクの管理画面が開きます。ボリューム(E:)をボリューム(M:)に変更します。

3.ボリューム(E:)のところで「右クリック」すると、メニューがでます。
「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

4.E:(ボリューム)のドライブ文字とパスの変更になります。
変更をクリックします。

5.ドライブ文字を「E」から「M」に変更します。
「OK」をクリックします。

6.警告がでますが、「はい」をクリックします。

7.ドライブ文字が「E」から「M」に変更されています。

HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)が、複数あるパソコンのHDDをパーティション分割した場合、それぞれのドライブに「ボリューム(C:)」、「ボリューム(D:)」などのように名前が付けられます。

このボリュームの名前を、わかりやすい内容の名前に変更する方法を説明します。

エクスプローラでボリューム名を変更する方法

HDDのドライブは、「ボリューム(C:)」、「ボリューム(D:)」のように付けられています。
エクスプローラを使うと内容に合わせた名前に変更することができます。

1.「Windows + Eキー」でエクスプローラーを開きます。

2.「ボリューム(D:)」を「プログラム(D:)」に変更します。

3.「ボリューム(D:)」のところで、「右クリック」します。
メニューの「名前の変更」をクリックします。

4.名前が変更できるようになります。

5.名前を「プログラム」に変更して、「Enterキー」を押します。

6.警告画面がでる場合は、「続行」をクリックします。

7.「ボリューム(D:)」が「プログラム(D:)」に変更されています。

このようにすれば、他のドライブも同じように名前を変更することができます。

以上で「Windows10 ディスクの管理でHDDを設定する」の説明を終わります。







スポンサーリンク