ファイル履歴を設定からバックアップする方法




Windows10には、データをバックアップする機能として「ファイル履歴」という機能があります。

アプリケーションやOSが壊れてしまっても、最悪の場合、それらを再インストールすることでまた使えるようになります。

しかし、それまでコツコツと作ってきたデータは、壊れてしまうと二度と元には戻せません。

データのバックアップは最優先に考えるものです。

ウィンドウズの「ファイル履歴」は指定されたフォルダにあるファイルを、定期的にバックアップしてくれるものです。

ファイル履歴は何世代も保存されますので、もし、現在のファイルが壊れても、以前の正常な状態のファイルを復元させることができます。

ファイル履歴を有効にするには、バックアップ用のドライブが必要になります。
(外付けハードディスクやUSBメモリーなど、ネットワーク上にも保存できるようです。)

バックアップ用ドライブの空き容量が少なくなると、一番古い世代のファイルから自動的に消去されて行きます。

ファイル履歴の注意点
ファイル履歴はデータのバックアップと復元を、完全に保証するものではないということです。

重要なファイルは、個別にバックアップをしたほうが良いということです。

ファイル履歴を設定からバックアップする手順

バックアップ先として
外付けドライブ「N」をパソコンにつなぎます。
ドライブの名前はPCの構成や設定により異なります。
設定を始める前に、バックアップを保存するドライブを接続しておきます。

1.スタートから「設定」を開きます。
更新とセキュリティをクリックします。

2.左側のメニューのバックアップをクリック。
「ドライブの追加」をクリックします。

3.「ドライブを選んでください」と表示されます。
ここでは、外付けドライブに「N」を接続してあるので、それを選びます。

4.「ファイルのバックアップを自動的に実行」が「ON」になっていることを確認します。これで「ファイル履歴」が有効になりました。

5.「その他のオプション」をクリックすると、「バックアップオプション」の設定ができます。

6.「バックアップオプション」の画面が表示されます。
設定を変更することができます。

7.「バックアップ対象のフォルダー」の下にあるプラス「+」をクリックすると、フォルダが選択できるようになりますので、追加するフォルダをクリックします。

8.バックアップの対象から、外すときはフォルダをクリックします。
「取り出し」が表示されるので、クリックすると対象から外すことができます。

9.除外するフォルダーの項目では、プラス「+」をクリックするとフォルダを選択することができます。

10.必要な設定が終わったら、上にある「今すぐバックアップ」をクリックすればバックアップが始まります。

11.バックアップが終了すると、「最新のバックアップ」として作成された時間が表示されます。

これで「ファイル履歴」が有効になりました。

バックアップのドライブを変更するとき

バックアップを完全に停止したり、ドライブを変更したりするときは「ドライブの使用を停止」をクリックします。
再び使用するときは、ドライブの追加からやり直す必要があります。

ファイル履歴を設定からバックアップする方法 の説明を終わります。




スポンサーリンク