ファイル履歴をコントロールパネルからバックアップする方法




Windows10には、データをバックアップする機能として「ファイル履歴」という機能があります。

「ファイル履歴」を有効にするには、設定画面から設定する方法とコントロールパネルから設定する方法があります。

どちらの方法で設定しても、操作は連動していますのでOKです。

ここでは、コントロールパネルから設定する方法を説明します。

ファイル履歴をコントロールパネルからバックアップする手順

バックアップ先として
外付けドライブ「N」をパソコンにつなぎます。
ドライブの名前はPCの構成や設定により異なります。

1.スタートなどから、コントロールパネルを開きます。
表示方法が「カテゴリ」になっていることを確認します。
「ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックします。

2.「ファイル履歴」の画面になります。
「ドライブの選択」をクリックします。

3.「ドライブの選択」の画面になります。
ここでは、外付けドライブ「N」にバックアップを取りますので、外付けドライブ「N」を選択します。
「OK」をクリックします。

4.しばらくすると、「ファイル履歴」画面に戻ります。
「ファイル履歴はオンになっています」と表示されてファイル履歴が有効になります。
コピー先にバックアップが始まります。
バックアップが始まらないときは、「今すぐ実行」をクリックします。

5.ファイルのコピーが終わると、コピー先の情報が表示されます。

詳細設定で設定内容を変更する

1.ファイル履歴の画面で「詳細設定」をクリックします。

2.「詳細設定」の画面になります。
ファイルをコピーする頻度や保存する期間を変更することができます。

ファイル履歴をコントロールパネルからバックアップする方法 の説明を終わります。




スポンサーリンク