ファイル履歴からファイルを復元する方法




Windows10の「ファイル履歴」は、ファイルをバックアップしてくれる機能ですが、ユーザーが設定を「有効」にする必要があります。

「ファイル履歴」はユーザーが作った大切なデータを、定期的に自動でバックアップしてくれる便利な機能です。

ここでは、「ファイル履歴」にバックアップされたデータを使って、削除してしまったファイルを復元する方法を説明します。

ファイル履歴からファイルを復元する

ファイル履歴から復元する前提条件
元に戻すファイルが、前もってHDDなどの外付けドライブなどにバックアップされていることが必要です。

ここでは、復元させるファイルの例として、デスクトップにあった「販売実績表-1」を復元させて見たいと思います。

1.デスクトップにある「販売実績表-1」を、デスクトップから削除しておきます。
 この状態でデスクトップにあった、「販売実績表-1」を復元させてみたいと思います。

2.このパソコンの設定では、ファイル履歴のバックアップが、外付けHDD(ボリューム :N )に入っています。

3.スタートボタンなどから、コントロールパネルを開きます。
 「ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックします。

4.「ファイル履歴」の画面が開きます。
 「個人用ファイルの復元」をクリックします。

5.ホーム・ファイル履歴の画面が開きます。
 この画面には、バックアップされた日付ごとに「ファイル履歴」が保存されてあります。
 デスクトップにあるファイルを復元したいので、デスクトップを「Wクリック」します。

6.デスクトップのファイルが開きます。
 復元するファイル「販売実績表-1」をクリックして、選択します。
 下にある緑のボタンをクリックします。

7.デスクトップに「販売実績表-1」のファイルが復元されました。
 このとき、復元先のフォルダが開きます。

7.復元先のフォルダーを閉じます。
 「ファイル履歴」を閉じて終了になります。

復元するファイルの中を確認できる

「販売実績表-1」を「Wクリック」するとファイルを確認することができます。

中を確認後に前の画面に戻る場合

図の矢印をクリックすると、前の画面に戻ることができます。

復元する場所を変更する場合

上の5.の項目で、下の緑のボタンを「右クリック」すると、「復元場所の選択」がでますのでクリックして選択します。

以上で「ファイル履歴からファイルを復元する方法」の説明を終わります。




スポンサーリンク