Windows10 ファイルの操作

アイコンの表示例

ファイルのアイコンの表示方法には、「特大アイコン、大アイコン、中アイコン、小アイコン、一覧、詳細」などの種類があります。
この操作は、ファイルだけでなくフォルダの場合も同じように設定できます。

写真のファイルではファイルの中身を表示できるので、大アイコンや中アイコンにした方がファイルを確認しやすくなります。
エクスプローラーを使って、アイコンの表示例を説明します。

特大アイコン

エクスプローラーの「表示タブ」-「特大アイコン」

大アイコン

エクスプローラーの「表示タブ」-「大アイコン」 

中アイコン

エクスプローラーの「表示タブ」-「中アイコン」

小アイコン

小アイコンになると、ファイル名だけになりアイコンの中身は見えません。
エクスプローラーの「表示タブ」-「小アイコン」

一覧

ファイルの一覧が表示されます。下のスライドバーを移動すれば、すべてのファイルが見られます。
エクスプローラーの「表示タブ」-「一覧」

詳細

「詳細」では、日付、ファイルの種類、ファイルのサイズなどを、見ることができます。
赤い丸のところをクリックすると、表示する項目を設定できます。
エクスプローラーの「表示タブ」-「詳細」

隠しファイルの設定方法

パソコンを家族で共有して使っているような時、ちょっとだけ見られたくないファイルを隠す方法を紹介します。

ファイルを隠すといっても、それほど大掛かりなものではないので見方を知っている人には、すぐに分かってしまいます。
それでも、何もしていないよりは、わかりづらくなるのでやっておいた方が良いと思います。

隠しファイルの設定をするとファイルが表示されなくなります。

エクスプローラーを開いて、隠しファイルにするファイルを「右クリック」します。

メニューの一番下にある「プロパティ」をクリック。

下の隠しファイルにチェックをして、「適用」、「OK」の順にクリックします。

今まで表示されていたファイルが、隠しファイルになって消えました。

★ 隠しファイルの表示方法
隠しファイルを表示するのは、とても簡単です。ですから、ファイルを本当に隠すなら別の方法が必要です。

エクスプローラーを開いて、リボンを表示させます。
隠しファイルのボックスにチェックを入れると、隠しファイルが「うすく」表示されます。
ファイルを開くには、「Wクリック」で開くことができます。

★ 隠しファイルを元に戻す

隠しファイルを元に戻すには、隠しファイルを「右クリック」します。

メニューの一番下にある「プロパティ」をクリック。

隠しファイルのチェックを外して、「適用」、「OK」をクリックします。

これでリボンの隠しファイルのチェックを外しても元の通り、ファイルが表示されます。

★ フォルダごと隠しファイルにする方法
フォルダごと隠しファイルにする方法も基本的には、ファイルの場合と同じやり方です。

「サンプル1」のフォルダを隠しファイルにします。
「サンプル1」のフォルダを「右クリック」します。

プロパティをクリックします。

隠しファイルにチェックをして、「適用」をクリックします。

属性変更の確認がでます。
「このフォルダーのみに変更を適用する」、「変更をこのフォルダー、サブフォルダー及びファイルに適用する」のどちらかを選んで、「OK」をクリックします。

プロパティ画面を閉じます。
「サンプル1」のフォルダが消えています。

隠しフォルダーを表示させるには、リボンの「隠しファイル」にチェックを入れます。

★ 隠しフォルダーを元に戻す
隠しフォルダーを元に戻すやり方は、ファイルの時と同じです。

検索ボックスで「保存したファイルを探したい」

パソコンを使っているうちに、だんだんファイルが増えてきて、「以前作ったファイルの場所がわからない」ということがでてきます。

保存したファイルを探したいというときには、検索ボックスを使ったり、エクスプローラーの検索機能を使うことができます。

タスクバーの検索ボックスをクリックします。
検索ボックスに、探したいファイルの名前を入れます。
入力するキーワードは一部でも構いません。

検索ボックスにキーワードを入力すると、候補がでてきます。
出てきたファイルをクリックすればファイルが起動して開きます。

エクスプローラーの検索機能で「保存したファイルを探したい」

エクスプローラーを開きます。

検索場所が、ここではPCになっていますが、フォルダを選択して検索することもできます。
例えば、検索場所に「ドキュメントフォルダ」を指定すれば、「ドキュメントフォルダ」の中を検索します。

検索ボックスにキーワードを入力しますと、ファイルの検索が始まります。
検索が終了すると、候補が表示されます。

以上で「Windows10 ファイルの操作」の説明を終わります。