画面の文字が小さすぎて見づらい




画面に表示されている文字が標準サイズでは、小さくて見づらいという方もいるかも知れません。

そんな時は、設定から文字やアイコンの大きさを変更することができます。また、GoogleChromeなどのブラウザには、拡大や縮小の機能があります。

画面の文字を設定から変更する方法

テキストの文字だけを大きくする場合

1.「設定」→「簡単操作」→「ディスプレイ」をクリックします。

2.スライドバーを動かすとサンプルテキストの文字の大きさが変化します。
ちょうど良いところで、「適用」をクリックします。

画面全体の表示を大きくする方法

1.全体を大きくするのところの、「メインディスプレイのアプリとテキストのサイズを変更する」をクリックします。

2.目的の大きさの倍率をクリックすると、大きさが変更できます。

ブラウザなどの文字の大きさを変える方法

GoogleChromeの場合

1.ブラウザの右上にある「3点」をクリックします。

2.ズームにある「+」と「-」でテキスト文字の大きさを変えることができます。

Edgeの場合

1.ブラウザの右上にある「3点」をクリックします。

2.拡大にある「+」と「-」でテキスト文字の大きさを変えることができます。

ショートカットで文字の大きさを変える方法

「キーボードとマウスホイール」を使って、文字の大きさを簡単に変更することができます。

1.大きさを変更したいWebサイトやエクセルなどの画面で、図のようにキーボードの「Ctrl」を押しながら、マウスホイールを回します。

2.マウスホイールを上に回すと文字が大きくなり、下へ回すと文字が小さくなります。

3.画面に表示される「リセット」をクリックすると、既定値に戻ります。

以上で「画面の文字が小さすぎて見づらい」の説明を終わります。