HDDを2つのHDDにするパーティション分割




パーティションとは、仕切りや間仕切りというような意味になります。

HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディ)のパーティション分割とは、1つのHDD(またはSSD)を物理的にではなく、HDDの中を電気的に複数に分割して使うことです。

たとえば、HDDを2つに分割して、1つは起動用ドライブ(Cドライブ)として、OSやアプリケーションなどのプログラムをいれ、もう1つにデータ用(Dドライブ)として使用するような使い方をします。

1つのHDDをわざわざ分割するのはなぜでしょうか?

たとえば、何らかの理由でCドライブが不調になって、OSが起動できなくなった場合を考えてみましょう。

Cドライブには通常、OSがインストールされています。

パーティション分割されていないHDDの場合、OSがインストールされているCドライブをリカバリーする必要があリマス。

Cドライブをリカバリーすると、OS以外の他のデータも消えてしまいます。

しかし、HDDがパーティション分割されて、CドライブとDドライブになっていれば、Dドライブのデータはリカバリーの影響を受けなくて済みます。このような理由からHDDを分割して使用するわけです。

HDDの状態を確認する方法

パソコンのHDDの状態が、どのようになっているかを確認するには次のようにします。

1.スタートを「右クリック」して、「ディスクの管理」をクリックします。

2.ディスクの管理画面が開きます。
このパソコンには、ディスク0ディスク1の2つのHDDがあります。

ディスク1を見ると、ボリューム(D:)とボリューム(E:)に分割されています。

ディスク1は物理的には1つのHDDですが、ボリューム(D:)とボリューム(E:)の2つのHDDとして使うことができます。

ただし、ディスク1のHDDが物理的に破損した場合には、当然ですが、ボリューム(D:)とボリューム(E:)の両方共使えなくなってしまいます。

パソコンのエクスプローラーを見ると、このパソコンのドライブには、ローカルディスク(C:)、ボリューム(D:)、ボリューム(E:)の3つのドライブとして認識されています。

ローカルディスク(C:)について

ローカルディスク(C:)はCドライブなどと呼ばれます。Cドライブはディスクの管理画面では、「ディスク0」と表示されます。

ディスク0を見ると、「回復パーテーション」「正常(EFIシステム)」「ドライブ(C:)」の3つに別れています。

これは、ユーザーがパーティションを分割したわけではなく、Windows10をインストールすると自動的にこのように分割されます。

「回復パーテーション」「正常(EFIシステム)」のパーティションは、隠しパーティションと言われています。

隠しパーティションは、Windowsの起動のためであったり、起動ができないときの回復用のために使われます。また、削除できないようになっていて、CやDなどのドライブ文字も付いていません。

このCドライブを、パーティションが分割して使用することもできます。

「HDDを2つのHDDにするパーティション分割」の説明を終わります。







スポンサーリンク