IMEの設定とIMEパッドで手書き入力の使い方




IME とは

パソコンに作業をさせるには、キーボードなどを使って数字やアルファベットで「言語」を入力します。

入力したローマ字やひらがなは変換して、漢字を入力することができます。ここでは、言語に関する設定を説明します。

キーボードの入力方法には「ローマ字入力」「かな入力」がありますがどちらを使うか、というのは一番最初に迷うところです。

結論からいうと、「ローマ字入力」を選択するべきだと思います。

どちらの方式にもメリットとデメリットがありますが、ローマ字入力の方が一般的になっているようです。多くの方が使用している方式を選ぶ方が、得策だと思います。

IMEは「インプットメソッドエディター」の略です。パソコンで日本語などを入力するためのソフトウエアのことです。
キーボードでローマ字を入力すると、ひらがなや漢字に変換できるのは、IMEの働きによるものです。

Windowsには、「Microsoft IME」がインストールされていますが、「ATOK」「Google 日本語入力」などのIMEをインストールして使用することができます。

Microsoft IME の設定

通知領域の「IMEアイコン」から変更

1.Microsoft IME の設定は、通知領域の「IMEアイコン」を右クリック
ローマ字入力とかな入力の選択することで、入力方法を変更することができます。

プロパティからの変更

1.通知領域の「IMEアイコン」を右クリック
「プロパティ」をクリック

2.Microsoft IMEの設定画面が開く
詳細設定をクリック

3.Microsoft IMEの詳細設定画面が開く
入力方式を選択する。
「OK」をクリック

IMEパッドとは

  • 「漢字を入力したいけど、読み方がわからないので入力できない」というようなときに、マウスなどを使って漢字を入力して、読み方を調べたりすることができます。
  • 漢字の一部分しかわからないときでも、漢字の候補が出るので見つけやすい。

IMEパッドはそんなときに役立ちます。

IMEパッドの出し方

1.IMEパッドを表示するには、文字入力ができる状態になっていることが必要です。
文字入力ができる状態にするには、デスクトップのどこでもいいので(タスクバーでも構いません)マウスでクリックすると、「A」「あ」のように、文字が入力できるようになります。

2.図のように、タスクバーにある言語バーの文字を「右クリック」すると、メニューがでます。
メニューの「IMEパッド」をクリックします。

3.「IMEパッド」が開きます。

IMEパッドが消えてしまった時

IMEパッドは、表示した状態でも他のアプリなどを使ったりすると、一時的に消えてしまいます。
IMEパッドを表示させるには、デスクトップの「何もないところ」をクリックすれば表示されます。

1.IMEパッドを起動したところ

2.メモ帳を起動したので、IMEパッドが消えてしまいました。

3.デスクトップの「何もないところ」をクリックすると、IMEパッドが表示されました。

IMEパッドの使い方

IMEパッドの使い方は、とても簡単です。
例えば「鮑」という漢字の読み方を調べてみましょう。

1.左側の手書き入力欄に、マウスで魚という文字を入力していきます。
文字を入力していくと、右の欄に候補がドンドン出てきます。
この中にはまだ、「鮑」がありません。

2.続けて文字を入力すると、「鮑」という漢字が出てきました。
マウスポインターを文字に乗せると、「音読みと訓読み」が表示されるので、読み方を知ることができます。

以上で「IMEの設定とIMEパッドで手書き入力の使い方」の説明を終わります。







スポンサーリンク