Windows10のインストールディスクをUSBメモリに作成

Windows10 のクリーンインストールをしたり、Windows10 の再インストールをする場合に必要になる「インストールディスク」をUSBメモリで作成する方法を説明します。

インストールディスクはDVDで作成することもできますが、USBメモリの方が使いやすいと思います。

Windows10のインストールディスクの作成

USBメモリをパソコンに接続しておきます。(8 GB 以上の空のUSBメモリが必要です。)
USBドライブ(F:)が接続したUSBメモリです。

Microsoftのページはリンクから開くことができます。
■ダウンロード■ Windows10 のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

「名前を付けて保存」の画面で、デスクトップをクリックして選択します。
「保存」をクリックします。

デスクトップにダウンロードしたファイルを「Wクリック」するか、ブラウザの下にあるファイルの「開く」をクリックします。

「ユーザーアカウント制御」の画面で「はい」をクリックします。
「Windows 10 セットアップ」で「同意する」をクリックします。

「別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「USBフラッシュドライブ」を選択します。
「次へ」をクリックします。

リムーバブル ドライブにUSBメモリ(F:) が選択されているので、このままで「次へ」をクリックします。

ダウンロードが始まりますので、しばらく待ちます。

「USB フラッシュ ドライブの準備ができました」で完了」をクリックします。

以上でインストールディスクの作成が完了しました。

USBメモリの中の確認

USBメモリを開いてみると、インストールファイルが作成されています。

以上で「Windows10のインストールディスクをUSBメモリに作成」の説明を終わります。