Windows10 インストールメディアをUSBに作成する方法

Windows10の再インストールや新規にインストールするときに、必要なインストールメディアをUSBメモリに作ることができます。

Microsoftのダウンロードページから、いつでも最新のバージョンを手に入れることができます。

ここでは、USBメモリにインストールメディアを作る方法を説明します。

Windows10 を使うには、ライセンス認証が必要になります。

Windows10 インストールメディアをUSBに作成する方法

USBメモリ(8GB以上の容量)を用意します。

クリックするとWindpws10 のダウンロードページが開きます。
■ダウンロードページ■ Windpws10 のダウンロード

Microsoft のダウンロードページを開きます。
下へスクロールして「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

保存先を指定して、「保存」をクリックします。

ダウンロードが終わると「Chrome」の下に表示されますので、「∧」クリックして「開く」をクリックします。

ダウンロード先のファイルを「Wクリック」して開いてもOKです。

「ユーザーアカウント制御」がでますので、「はい」をクリックします。

しばらく待つと「適用される通知とライセンス条項」がでますので、「同意する」をクリックします。

「別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

用途に合わせて言語・エディション・アーキテクチャを選択し「次へ」をクリックします。

ここで、パソコンに8GB以上のUSBメモリを接続します。
「USBフラッシュドライブ」を選択し次へをクリックします。

パソコンに接続したUSBメモリを選択し「次へ」をクリックします。

メモ
USBメモリが表示されないときは、USBメモリをもう一度接続し直してから「ドライブの一覧を更新する」をクリックします。

Windows10のダウンロードが始まります。

しばらく時間がかかりますが、正常に終了すると「完了」の画面になります。
完了をクリックして終わりです。パソコンからUSBメモリを抜いて終了です。

USBメモリについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ USBメモリの使い方

以上で「Windows10 インストールメディアをUSBに作成する方法」の説明を終わります。