インターネットで株式投資をしたい




インターネットで株式投資をしたい

インターネットで行う株式投資の魅力は、なんと言っても「取引手数料」の安さにあります。

株式投資における手数料の大きさは、非常に重要です。

また、インターネットで行う株式投資は、証券会社にある株価ボードと同じような価格の変化がパソコンなどで見ることができることです。

リアルタイムで価格の変化が見られますので、見ていると面白いものです。

インターネットで取引口座を開くことで、「株価ボード」などの取引ツールを利用することができます。

ここでは、インターネットで株式投資をしたいと考えている人に、参考になりそうなことを書いていきたいと思います。

株式投資とはどんなもの

日本では株式投資と言うと、一部では何かバクチのように思われているところがあるようです。

これは投資というものに対して、あまり教育がされていないことがあるからだと思います。

そのためか

「株式投資をしたいけど、よくわからなくて怖い」

「騙されちゃいそう」

「大事なお金を、大損しちゃいそう」

というような、思いを持っている人もいるようです。

しかし、株式投資も理解した上でするのであれば、大金を失うことも無いばかりでなく利益を得ることもできます。

また、株式投資なんて私には関係ないと思っている人も多くいるようですが、私達の年金の一部は株や債券などに、投資されて運用されていますので関係ないことも無いのです。

ローソク足
株価の推移を見るグラフに、チャートというものがあります。

チャートでよく見るローソク足は、江戸時代に日本で発明されたと言われています。
決して、日本人が投資に向いていないということはないと思っています。

投資に向いている人と向いていない人

株式に限らず、投資に「向いている人」と「向いていない人」がいるようです。

投資に向かない人の特徴

  • 物事の結果を他人のせいにする。
  • 自分で行った結果の責任を取れない。
  • 投資資金に余裕が無い。
  • 人の話(プロの投資家)の話を鵜呑みにしてしまう。

このような性格の人は、投資に向いているとは言えないと思います。

株式投資は、投資本などには一ヶ月で1億円の利益を出したとか書かれているようなものもありますが、そんなことは無いと考えた方が良いです。

大きく投資すれば、大きく利益を出すこともできるでしょう。

しかし、その場合は大きなリスクが有ることも理解しなければなりません。

株式投資のスタイルについて

株式投資するときには、自分でやり方を決めておく必要があります。

投資期間によって投資スタイルは違います。

  • 短期取引(デイトレードや数日間のような短い期間の取引)
  • ゆったりとした長期間の取引

短期取引(デイトレードや数日間のような短い期間の取引)
短期の取引の場合は、常に価格の変化を見ている必要が出てくるので、パソコンの前に張り付いているような状態になります。

このような状態は、結構ストレスになります。

ゆったりとした長期間の取引
ゆったりとした長期間の取引の場合は、それほど頻繁に価格をチェックする必要は無いので、比較的ストレスは少ないと思います。

インターネットで取引口座の開き方

インターネットの取引口座を開くには、インターネットで申し込むのが良いでしょう。

ほとんどの証券会社では、インターネットで申し込みをすると口座の開設が郵送で行うより早く完了します。

インターネットの取引口座を開くこと自体は無料でできますので、1つだけでなくいくつかの口座を開いて見るのも良いでしょう。

いくつか開いて見て使いやすい、証券会社にしてもよいのではないでしょうか。

取引口座を開いたからといって、お金を入れる必要はありません。

自分で使いやすい取引口座が決まってから、お金は入金して取引を始めればよいのです。

また、口座をひらく時には、キャンペーンなどで有利な場合もありますのでそれを使うことも良いでしょう。

とにかく、自分のライフスタイルに合わせて使うようにすると良いのではないでしょうか。

以上で「インターネットで株式投資をしたい」の説明を終わります。




スポンサーリンク