格安スマホを使ってみた




格安スマホを使ってみた、個人的な感想です。

インターネットに接続するには、パソコンとタブレット(WIFIタイプ)を使っています。

熱心に、ゲームをするわけではないので使用状況としては、非常にライトなユーザーです。

携帯はガラケーと言われるものを使っています。

ただ、スマホというものを使ってみたいと考えてはいました。

外出した時などに、「ちょっと、インターネットを見られたらいいな!」とは考えていました。

ガラケーはドコモの携帯なので、そのまま持っていたい。

外出したときにインターネットが使えると便利ということで、2台持ちという選択をしました。

つまり、通話はガラケーを使うようにして、インターネットは格安スマホで見るという方法です。

格安スマホで不安に感じていたこと

  1. 2台持つ場合に、電話番号はどうなるのか?
  2. インターネットに繋がるのか?

1の疑問は、よく分かっていないことから来る疑問です。

通話をしない場合の、データ通信だけのプランなら新たな電話番号は必要ないのです。

パソコンを家の「WIFI」で使う場合には、電話番号が必要ないのと同じです。

スマホを家の外で、WIFIに接続するようなものだと考えればわかり易いかもしれません。

2の疑問は、漠然とした不安だけでした。よく考えればつながらないハズがありません。

格安スマホの端末を手に入れる方法

  • 格安スマホの端末だけを売っている販売店(インターネットや電気店)で買う方法。
  • 格安スマホの通信会社から、通信プランと一緒に購入する方法。

私は、格安スマホの端末だけを買うことにしました。

何ヶ月も払う方法だと他の会社に乗り換えられないと思ったからです。

●格安スマホの端末選び
格安スマホの端末は、ピンからキリまでさまざまです。

はじめは、1万円くらいのもので良いかと思っていましたが、いろいろ調べるとある程度のスペックが必要と言うことでした。

スペック
RAM:3GB
ROM:32GB
位の性能があれば結構使えそうです。

この位の性能があるものなら、それなりの解像度やカメラの能力も備わっているようです。

2万円チョットで、中華スマホを買いました。

よく考えてみると、手のひらサイズのパソコンを買ったと思えば、この価格では安いと思います。

データ通信は、格安スマホのある会社と契約しました。

データ通信のみの、500円程度の最安値のものを選びました。

申し込んで数日で、「SIM」が送られてきました。

スマホに取り付けると、すぐに使えるようになりました。

スマホってすごい

設定は意外と簡単にできます。

家では「WIFI」で使うので、その設定をします。

外に出ると、自動で「WIFI」から「4G」通信に切り替わります

写真を取ったり、音楽を聞いたり、カーナビのBluetoothに接続することができます。

必要な、アプリが予めインストールされているので便利です。

使い方自体は、パソコンより簡単に出来るような気がします。

グーグルのマップを使えば、目的地まで案内してくれます。

まだまだ、使い方はいろいろあるようです。

格安スマホのメリットとデメリット

メリット

  • 通信料金が安い。
  • 自分に必要な通信プランが選べる。
  • 契約の縛りが短い。大手キャリアは2年縛りがあるが、通話プランのもので格安スマホは1年が多い。
  • データ通信のみの場合は、1ヶ月位のものが多い。

デメリット 

  • 設定を自分でしなければならない。
  • 通信速度が遅い。
  • 電話を多く使う場合は通信料金がかえって高くなる場合がある。

以上のことから

とにかく外での通信量が少ない人。

家では「WIFI」が使える人。

という場合は、格安スマホを使うのも良いと思われます。

格安スマホを使ってみた の説明を終わります。




スポンサーリンク