Windows10の日本語入力の変更




Windows10の日本語入力の変更

パソコンに作業をさせるには、キーボードなどを使って数字やアルファベットで言語を入力します。

入力した文字を変換して、漢字を入力することができます。

ここでは、言語に関する設定を説明します。

ローマ字入力とかな入力の違い

「ローマ字入力」と「かな入力」のどちらを使うか、というのは一番最初に迷うところです。

結論からいうと、「ローマ字入力」を選択するべきだと思います。

どちらの方式にもメリットとデメリットがありますが、ローマ字入力の方が一般的になっているようです。

多くの方が使用している方式を選ぶ方が、得策だと思います。

IMEって何?

IMEは「インプットメソッドエディター」の略です。

パソコンで日本語などを入力するためのソフトウエアのことです。

キーボードでローマ字を入力すると、ひらがなや漢字に変換できるのは、IMEの働きによるものです。

Windowsには、Microsoft IMEがインストールされていますが、「ATOK」や「Google 日本語入力」などのIMEをインストールして使用することができます。

入力方法の変更のやり方

Microsoft IMEの場合

通知領域の「IMEアイコン」から変更

通知領域の「IMEアイコン」を右クリック

ローマ字入力とかな入力の選択する。

プロパティからの変更

通知領域の「IMEアイコン」を右クリック

「プロパティ」をクリック

Microsoft IMEの設定画面が開く

詳細設定をクリック

Microsoft IMEの詳細設定画面が開く

入力方式を選択する。

「OK」をクリック

Google 日本語入力の場合

通知領域の「IMEアイコン」を右クリック

「プロパティ」をクリック

Google 日本語入力のプロパティが開きます。

入力方式を選択して、「OK」をクリック

Google 日本語入力のインストール
Google 日本語入力は、インターネットからダウンロードしてインストールすることができます。

言語入力のヒント

ひらがなが入力できない

ひらがなを入力したいのに、「半角/全角キー」を押してもうまくいかない。

そんな時は、通知領域の入力インジケーターを使うと良いでしょう。

入力インジケーターをクリックすると、アルファベットとひらがなが切り替わります。

テンキーで数字が入力できない

キーボードの右にある数字のキーは、テンキーと呼ばれます。

テンキーで数字が入力できない時は、多くの場合は「NumLockキー」が無効になっていることが原因です。

「NumLockキー」を押して「有効」にすれば、テンキーから数字を入力できるようになります。

アルファベットが大文字になってしまう

アルファベットを小文字で入力したいのに、大文字で表示されてしまう時があります。

この状態になるのは、「CapsLockキー」が「オン」になっているときです。

「CapsLockキー」が「オン」になっていると、入力するアルファベットがすべて大文字になります。

「CapsLockキー」を「オフ」にするには、「Shiftキー+CapsLockキー」を押します。

読み方のわからない漢字を入力したい

入力インジケーターを「右クリック」

「IMWパッド」をクリック

「IMWパッド」が表示されるので、入力したい文字を手書き入力します。

右の欄に候補が出てきます。

文字をクリックすれば、入力することができます。

マウスのポインタを文字の上に乗せると、読みが出てきます。

単語を登録してスムーズに変換する

特殊な語句は変換するときに、一発変換できないで時間がかかる場合があります。

このようなときは、そのような語句を単語登録しておくと、すぐに変換できるようになります。

入力インジケーターを「右クリック」

「単語の登録」をクリック

単語の登録画面が開きます。

1. に登録したい語句を入力します。語句は漢字だけでなく、かなやアルファベット、記号などでも構いません。

2. には読みを入れますが、この読みは自分が決めても構いません。

たとえば、この例の「変換」を「へん」として登録しても構わないのです。

最後に登録をクリックすれば、完了です。

以上で「Windows10の日本語入力の変更」の説明を終わります。




スポンサーリンク