文字の入力と漢字変換




スポンサーリンク



文字の入力と漢字変換

Windows10では、日本語を入力するモードと英数字を入力するモードに切り替えることができます。

日本語入力の切り替えは、キーボードの左上にある「半角/全角」キーで切り替えることができます。

漢字に変換する場合は、日本語をローマ字で入力し、「スペース」キーで変換することができます。

文字を入力する

ここでは、メモ帳を使って文字を入力してみましょう。

スタートメニューから「メモ帳」を開きます。

キーボードの「半角/全角」キーを押すごとにメモ帳の「あ」と「A」が切り替わります。

「半角/全角」キーを押して、「あ」の状態にします。

メモ帳にローマ字で
「nihonngowonyuuryoku」(にほんごをにゅうりょく)とキーボードから入力します。

変換の候補がでてきますので、それをマウスでクリックすれば選択できます。

「スペース」キーで変換することができる

例えば、メモ帳に「henkann」と入力すると(へんかん)となります。

このとき「スペース」キーを押すと、変換の候補がたくさん出てきます。

この中から、自分の希望する文字を選択します。

入力ミスを修正する

「日本語を入力ました」とするところを

「日本語を入力ました」と入力してしまいました。

これを修正します。
まず、カーソルを入力ミスした文字の末尾に移動します。

次に、「Backapace」キーを押して、間違えた文字を消します。

そして、正しい文字「し」を入力して、「Enter」キーを入力すれば修正することができます。

以上で「文字の入力と漢字変換」の説明を終わります。




スポンサーリンク