文字入力で困った

画面の文字が小さすぎて見づらい

画面に表示されている文字が標準サイズでは、「小さくて見づらい」という方もいるかも知れません。

そんな時は、設定から文字やアイコンの大きさを変更することができます。
また、GoogleChromeなどのブラウザには、拡大や縮小の機能があります。

テキストの文字だけを大きくする場合

「設定」→「簡単操作」→「ディスプレイ」をクリックします。

スライドバーを動かすとサンプルテキストの文字の大きさが変化します。
ちょうど良いところで、「適用」をクリックします。

画面全体の表示を大きくする方法

全体を大きくするの、「メインディスプレイのアプリとテキストのサイズを変更する」をクリックします。

目的の大きさの倍率をクリックすると、大きさが変更できます。

ブラウザなどの文字の大きさを変える方法

★ GoogleChromeの場合
ブラウザの右上にある「3点」をクリックします。

ズームにある「+」と「-」でテキスト文字の大きさを変えることができます。

★ Edgeの場合
ブラウザの右上にある「3点」をクリックします。

拡大にある「+」と「-」でテキスト文字の大きさを変えることができます。

★ ショートカットで文字の大きさを変える方法

「キーボードとマウスホイール」を使って、文字の大きさを簡単に変更することができます。
大きさを変更したいWebサイトやエクセルなどの画面で、図のようにキーボードの「Ctrl」を押しながら、マウスホイールを回します。

マウスホイールを上に回すと文字が大きくなり、下へ回すと文字が小さくなります。

画面に表示される「リセット」をクリックすると、既定値に戻ります。

ひらがなが何故か入力できない!

キーボードからひらがなを入力したいのだが、何故か上手くひらがなを入力できないときがあります。
そんなときは、入力インジケーターから切り替えることができます。

★ 入力インジケーターで切り替える
いろいろとキーを押して見ても、切り替わらない時は入力インジケーターを使うと良いでしょう。

タスクバーの「入力インジケーター」をクリックすると、切り替えることができます。
「マイクロソフトIME」「Google日本語入力」とも、同じように操作できます。

クリックして「あ」が表示されるようになれば、ひらがなが入力できるようになります。

入力インジケーターで切り替えるには、ブラウザやテキストなどで文字が入力ができる状態にする必要があります。

★ 入力インジケーターを右クリックして切り替える
入力インジケーターを右クリックすると、図のようなメニューがでます。

メニューの中の「ひらがな」をクリックすれば切り替わります。

アルファベットがなぜか大文字になる

アルファベットを「小文字」で入力したいのだが、なぜか「大文字」になってしまう。

入力したアルファベットが「大文字」になってしまうときは、「CapsLock」キーを無効にすれば戻ります。
このようなかんたんなことも、パソコンを初めたときには意外と戸惑うものです。

日本語キーボードのとき

アルファベットの入力が「大文字」になっているときは、次のように「Shift」+「CapsLock」キーを同時に押します。
これで、アルファベットの入力が「小文字」になります。

「Shift」+「CapsLock」キーを押すごとに、アルファベットの大文字と小文字が切り替わります。

アルファベットが小文字のとき→「Shift」+「CapsLock」を押すと、大文字になります。
この操作は保持されるので、もう一度「Shift」+「CapsLock」を押すまで、大文字が入力されます。

英語キーボードのとき

アルファベットの入力が「大文字」になっているときは、次のように「CapsLock」キーを押します。
これで、アルファベットの入力が「小文字」になります。

「CapsLock」キーを押すごとに、アルファベットの大文字と小文字が切り替わります。

アルファベットが小文字のとき→「CapsLock」を押すと、大文字になります。
この操作は保持されるので、もう一度「CapsLock」を押すまで、大文字が入力されます。
については次の記事が参考になります。
★参照★ パソコンで文字を入力する方法

以上で「文字入力で困った」の説明を終わります。