マルチモニターの設定で作業効率を上げる




一台のパソコンに複数のモニターをつないで使用することを、マルチモニターといいます。

マルチモニターは、マルチディスプレイ、デュアルモニター、デュアルディスプレイなどとも呼ばれています。

現在発売されているほとんどのデスクトップパソコンは、マルチモニターに対応しているようです。

マルチモニターにするメリットは、次のようなものがあります。
•2台のモニターを1台のモニターとして、仮想的な大きな画面とすることができます。
•表示画面が広くなり複数のファイルを開いても見やすいので、作業効率が上がります。

マルチモニターの設定方法

マルチモニターの設定方法というと、難しそうですが Windows10 の場合非常に簡単です。

パソコンにモニターを接続するわけですが、パソコンの出力端子を見ると「DVI」端子や「HDMI」または「DisplyPort」があります。

ここでは、パソコンに「DVI」端子と「HDMI」端子の場合について説明します。

①2台のモニターを「DVI」端子と「HDMI」端子に接続します。
これだけで、Windows10 のパソコンがモニターを認識してくれます。

②次にデスクトップのなにもない所で、「右クリック」をして、メニューの「ディスプレイ設定」をクリックします。

③設定画面のシステム→ディスプレイが開きます。
•モニターが表示されないときは、「検出」をクリックして見てください

•識別をクリックすると、モニターに番号が表示されます。

④モニターの順序
識別をクリックしたとき、モニターが実際の位置と合っているときは問題ありません。

•モニターの順序が逆のとき

どちらかのモニターをドラッグして、希望の位置にします。上下左右好きな位置にできます。

正しい位置になりましたので、「適用」をクリックしておきます。

下にスクロールすると、表示画面の設定ができます。
「表示画面を拡張する」にすると、2台のモニターが大きな1台のモニターとして使えます。

マルチモニターの設定で作業効率を上げる の説明を終わります。




スポンサーリンク