日本語と英数の入力モードを切り替える




Windows10 では、日本語の入力モードと英語や数字の入力モードを切り替えて文字を入力します。

日本語入力と英数の入力を切り替える方法

日本語入力の状態により、文字が入力できない状態のときは次の図のように「×」の表示になります。

メモ帳などを起動して日本語入力ができる状態になると、次のように表示されます。

文字を入力する
あらかじめ「メモ帳」などを起動しておきます。

キーボードで入力を切り替える

図のキーボードの「半角/全角」キーを押します。

「半角/全角」キーを押すごとに、切り替わります。

1.日本語入力の状態で「メモ帳」に文字を入力すると、日本語入力することができます。

2.たとえば、「メモ帳を起動する。」とローマ字入力すれば、次のように表示されます。

3.英数入力に切り替えるには、キーボードの「半角/全角」キーを押して、英数入力に切り替えます。

3.英数入力でアルファベットや数字を入力すると、次のようになります。

マウスの操作で入力を切り替える

日本語と英数の切り替えは、マウスをクリックして切り替えることができます。

図のように、通知領域の「A」や「あ」をクリックすると切り替わります。

ひらがなとカタカナの切り替え

日本語入力では、ファンクションキーを使うとひらがなとカタカナの切り替えができます。

ファンクションキーの「F6」キー

ひらがなを入力して、ファンクションキーの「F6」キーを押します。
「ひらがな」が入力されます。

ファンクションキーの「F7」キー

ひらがなを入力して、ファンクションキーの「F7」キーを押します。
「全角カタカナ」が入力されます。

ファンクションキーの「F8」キー

ひらがなを入力して、ファンクションキーの「F8」キーを押します。
「半角カタカナ」が入力されます。

以上で「日本語と英数の入力モードを切り替える」の説明を終わります。