EaseUS Partition Master Freeの使い方




HDDやSSDのパーティションを操作するフリーソフトです。
パソコンに接続されているディスク毎のパーティションを見られます。

データの削除やMBRへ変換、ボリュームの作成などを簡単にできます。

EaseUS Partition Master Freeのインストール

EaseUS Partition Master Freeは、公式サイトからダウンロードできます。

1.EaseUS Partition Master Freeのサイトが開きます。
無料ダウンロードをクリックします。

2.メールアドレスを入れて、「Partition Master Free」をクリックします。

3.無料版の「ダウンロード」をクリックします。

4.保存先が出ますので、デスクトップなどわかりやすいところにダウンロードします。
保存をクリックします。

5.インストーラーを「Wクリック」します。
ユーザーアカウント制御の画面になりますので「はい」をクリックします。

6.「今すぐインストールする」をクリックします。

7.「無料版をインストール」をクリックします。

8.「今すぐ始める」をクリックします。
次回からは、「起動用のアイコン」で開くことができます。

9.無料版を使うので、「後で」をクリックします。

10.EaseUS Partition Master Freeの画面です。
このパソコンには、Cドライブだけが接続されているので、その内容を表示しています。
宣伝は消してOKです。

EaseUS Partition Master Freeを使って見よう

ディスク0(Cドライブ)は、OSが入っているので説明には使いません。

1.外付けHDDなどでドライブを接続します。
デスクトップの起動用アイコンを「Wクリック」して「EaseUS Partition Master Free」を起動します。
取り付けた外付けHDDのドライブ(ディスク1)の内容が表示されています。

次に主な使い方を説明します。

選択したもの 出来ること
ディスク1(パーティションすべてが未割り当て) GPTへ変換あるいはMBRへ変換
データを消去
GPTに初期化あるいはMBRに初期化など
ディスク1(ボリュームや未割り当てがある時) クローン
すべて削除(ディスク1のすべてのボリュームが削除されます)
MBRへ変換あるいはGPTへ変換
データを消去など
ボリュームD(1つのボリュームを選択した時) サイズ調整/移動
クローン
フォーマット
削除
「未割り当て」を選択した時 作成(新しいボリュームの作成)
データを消去など

GPTあるいはMBRへ変換する

1.「ディスク1」は、現在「MBR」になっています。
「GPTに初期化」をクリックします。

2.「ディスク1」のMBRがGPTへ変わりました。
「1つの操作を実行する」をクリックします。

3.適用をクリックします。

4.正常に完了すると、次の画面が表示されます。
完了をクリックします。

5.「ディスク1」がGPTへ変更されました。
「GPTに初期化」が「MBRに初期化」に変わりました。

「未割り当て」にボリュームを作る

1.ディスク1の「未割り当て」を選択(クリック)します。
「作成」をクリックします。

2.ドライブレターをクリックすると、変更できます。
中央のところの「●」を移動するとサイズを変えられます。
「OK」をクリックします。

3.ディスク1に「ボリュームD」と「未割り当て」ができます。
「1つの操作を実行する」をクリックします。

4.「適用」をクリックします。

5.「ボリュームD 」のパーティションができました。
「完了」をクリックします。

6.「未割り当て」を選択して、作成をクリックすれば上と同様にボリュームを作ることができます。
同じようにして「未割り当て」に「ボリュームE 」を作りました。

ボリュームのサイズを変える

1.「ボリュームD」のサイズを変更するには、「ボリュームD」のところをクリックして選択します。
「サイズ調整/移動」をクリックします。

2.「●」を矢印のように移動すると、サイズを変更することができます。
「OK」をクリックします。

3.「1つの操作を実行する」をクリックします。

4.「適用」をクリックします。

5.「完了」をクリックします。

6.「ボリュームD」を縮小したので「未割り当て」ができました。

以上で「EaseUS Partition Master Freeの使い方」の説明を終わります。







スポンサーリンク