電源の操作とスリープの設定




Windows10の電源の操作には、「スリープ」、「シャットダウン」、「再起動」があります。

また、1つのパソコンを複数のユーザーが使うときの操作として、「アカウントを切り替え」や「サインアウト」があります。

電源の操作メニュー

電源の操作を選ぶには、「Windowsキー」をクリックして

電源のアイコンをクリックすると、「スリープ」、「シャットダウン」、「再起動」が表示されます。

電源の操作メニューの動作内容

操作 機能説明
スリープ パソコンを待機状態にします。電力をほとんど使用しない状態ですが、復帰する時は高速に起動します。
シャットダウン パソコンの電源を完全に切る操作です。
再 起 動 パソコンを一度終了させた後、再び起動する操作です。
サインアウト ユーザーの認証を解除し、パスワードの入力画面に戻ります。

「スリープ」はパソコンの消費電力を抑えて待機状態にする操作です。

ウィンドウズやアプリは起動した状態にあり、すばやく作業を再開することができます。

短時間の場合はスリープの操作が便利です。

「シャットダウン」はすべてのアプリやウィンドウズを終了して、パソコンの電源を完全に切る操作です。

パソコンの作業を完全に終わりにする場合は、シャットダウンで終了するのが基本になります。

「再起動」はウィンドウズを一度終了させて、もう一度起動し直すときに使います。

ウィンドウズを「アップデート」したときや、パソコンの調子が悪くなったときなどに、再起動させると元に戻る場合があります。

「サインアウト」は1つのパソコンを複数のユーザーが、使用するときに便利な操作です。

パソコンの電源はオンにしたままで、現在使用しているユーザーのアカウントを解除します。

次のユーザーがサインインすると、すぐに使える状態です。

スリープの設定方法

ここでは、スリープの設定方法を説明します。

スリープはパソコンを自動的に省電力にする目的があります。

スリープ状態に入ると、パソコンは最小限の消費電力で待機状態に入ります。

電源ランプのあるパソコンでは、スリープ状態に入ると電源ランプが「点滅」するものがあります。

このとき、モニターの電源も連動して消えます。

スリープの設定方法
1.設定画面を開きます。
システムをクリックします。

2.システムの設定画面が開きます。

左側のメニューから「電源とスリープ」をクリックします。

画面の電源を切る時間を設定します。

スリープ状態に入る時間を設定します。

ここの設定では、「15分後」にスリープ状態になるように設定しましたので、パソコンの操作を行わないでいると15分後にスリープ状態に入ります。

スリープ状態から復帰させる方法
スリープ状態から、パソコンを復帰させる方法は、次のようにします。

•キーボードのいずれかのキーを入力する。
•マウスをクリックする。
•マウスを動かす。

などの操作をすれば、スリープ状態からパソコンは復帰します。

スリープの設定を解除する方法

何らかの理由で、スリープ状態に入らないようにしたいという場合は解除することができます。

スリープの設定を解除する方法は、簡単です。

スリープで設定した時間を「なし」に変更すれば完了です。

電源の操作とスリープの設定 の説明を終わります。







スポンサーリンク