ゴミ箱の設定方法




ゴミ箱の設定方法は、ゴミ箱のプロパティと設定画面にあるシステムから設定できます。

ゴミ箱の設定では、不要なファイルなどを削除する時に、確認画面の表示・非表示ができます。また、ゴミ箱に入れる容量やゴミ箱に入れずに完全に削除する事もできます。

削除する時に確認画面を表示する設定

ゴミ箱を「右クリック」して、メニューの「プロパティ」をクリックします。

ゴミ箱のプロパティ画面が開きます。
「削除の確認メッセージを表示する」にチェックします。
「適用」→「OK」をクリックします。

これで、次に削除をするときには次のような確認画面が表示されます。

ゴミ箱のサイズを設定する

ゴミ箱の場所は、このPCの場合ボリュームD(ドライブ)に設定されています。
ゴミ箱の容量を変更するには、カスタムサイズの「最大サイズ」を変更します。
「適用」→「OK」をクリックします。

ゴミ箱が設定した容量をオーバーするようなことは殆どないと思いますが、もし、オーバーするような場合は古いデータから、削除されるようです。

ゴミ箱に入れないで完全に削除する設定

ゴミ箱に入れないで完全に削除する場合は、「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」のラジオボタンにチェックを入れます。
「適用」→「OK」をクリックします。

ただし、この場合はエクスプローラーからももとに戻せませんので、「削除の確認メッセージを表示する」にチェックを入れておくのがおすすめです。

ゴミ箱を開いたときの処理方法

ゴミ箱を「Wクリック」または右クリックの「メニューの開く」で、ゴミ箱が開きます。

ゴミ箱を空にする
「ゴミ箱を空にする」をクリックすると、削除の確認画面が出ます。
削除する場合は「はい」をクリックします。

ゴミ箱のプロパティ
「ゴミ箱のプロパティ」をクリックすると、「ゴミ箱のプロパティ」が開きます。

すべての項目を元に戻す
「すべての項目を元に戻す」をクリックすると、ゴミ箱の中のファイルなどが元の場所に戻ります。

選択した項目を元に戻す
元に戻すファイルを選択します。その後に、「選択した項目を元に戻す」をクリックすると、選択したファイルだけが元に戻ります。

選択した項目は元に戻リました。

ゴミ箱のゴミを自動で削除する設定方法

ゴミ箱の中にあるデータを自動で削除する設定は、ストレージの設定から行います。

スタートから設定を開きます。

設定を開くショートカット
「Windowsキー + I キー」
1.「システム」をクリックします。

2.ストレージを選択して、ストレージセンサーのボタンを「オン」にします。

3.「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」をクリックします。

4.「ゴミ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」にあるボックスをクリックすると、削除する期間が選択できます。
期間は1日、14日、30日、60日と許可しない(削除しない)が設定可能です。

これでストレージの設定は完了です。

ゴミ箱の設定方法の説明 を終わります。







スポンサーリンク