Windows10 設定画面とコントロールパネルの開き方




Windows10 設定画面の開き方

Windows10パソコンでは、ほとんどの「設定」を設定画面からすることができます。
Windows10の設定画面の開き方には、いくつかありますので紹介します。

設定画面をスタートから開く方法

1.「Windowsアイコン」のスタートをクリックすると、スタートメニューの中に図のような
「歯車のアイコン」があります。

これが設定のアイコンです。設定のアイコンをクリックします。

2.設定画面が開きます。
 設定画面を開くと、システム、デバイスなどのアイコンがありますので、この中から目的の項目を選んでクリックします。

 更に細かいジャンルに別れた画面が表示され、それをたどることで目的の設定項目を見つけることができます。

設定画面を「通知アイコン」から開く方法

1.通知領域にある通知アイコン(吹き出しの形のアイコン)をクリックします。
 

アクションセンターを開くショートカットキー
「Windowsのロゴキー+ A キー」でも開けます。
2.アクションセンターが開きます。
 アクションセンターの下にある「すべての設定」をクリックすると、設定画面が開きます。

3.設定画面が開きます。

設定画面を「ショートカットキー」から開く方法

ショートカットキーを使うと、一発で設定画面を開くことができます。覚えると一番早いかもしれません。
「Windowsロゴキー+ I キー」のショートカットキーを使うと、設定画面が開きます。

設定画面を開く主な方法は上で紹介したようなものです。これを知っていれば、設定画面が開かないときにも、どれかで開くことができると思います。

コントロールパネルの開き方

コントロールパネルは、以前からWindows(ウィンドウズ)で使われてきた設定画面です。

コントロールパネルでしか、設定できない項目もありますのでデスクトップやタスクバーに登録しておくと便利です。

すべてのアプリからコントロールパネルを開く方法

1.スタートをクリックし、「Windows システムツール」の中にある、「コントロールパネル」をクリックします。

2.コントロールパネルが開きます。

3.アプリ一覧の「コントロールパネル」を右クリックして「スタートにピン留めする」やその他から「タスクバーにピン留めする」をクリックすれば、スタート画面やタスクバーから簡単に起動することができます。

デスクトップのアイコンからコントロールパネルを開く方法

コントロールパネルは、デスクトップに「コントロールパネル」のアイコンを表示させておくことができます。
コントロールパネルのアイコンの表示方法は次のようにします。

1.設定画面を開き、個人用設定をクリックします。
 

2.次に、テーマ→デスクトップアイコンの設定をクリックします。

3.デスクトップアイコンの設定の画面で、コントロールパネルにチェックを入れる。
「OK」をクリックします。

4.デスクトップにコントロールパネルのアイコンが表示されました。
 コントロールパネルを起動するには、「Wクリック」をします。

コントロールパネルを検索ボックスから開く方法

1.検索をクリックして、検索ボックスにコントロールパネルと入力します。

2.上にある、コントロールパネルをクリックします。

3.コントロールパネルが開きます。

コントロールパネルをエクスプローラーから開く方法

1.ショートカットの「Windows + Eキー」で、エクスプローラーを開きます。

2.「↑」をクリックします。

3.コントロールパネルを「Wクリック」します。

4.コントロールパネルが開きます。

以上で「Windows10 設定画面とコントロールパネルの開き方」の説明を終わります。







スポンサーリンク