SIMフリースマートフォン の使い方




ここでは、スマートフォンを初めて使うような方が疑問に思うことを説明します。

スマートフォンってなに?

スマートフォンは簡単に言うと、「電話ができるパソコン」のようなものです。

スマートフォンは、「スマートフォン本体」「SIMカード」で構成されています。

スマートフォン本体だけでも、「Wi-Fi」を使えばインターネットに接続することができます。
インターネットに接続して、YouTubeを見たり、ネットサーフィンをすることができます。

この場合は、「Wi-Fi」で使用している料金だけで、スマートフォンを使うからと言って特別な通信料はかかりません。

つまり、SIMフリースマートフォンとして売られているものを購入し、「Wi-Fi」接続だけで使用する場合、家でパソコンを使うのと同じと言えます。

もちろん、SIMカードを入れていないので、電話をすることはできません。

SIMカードとは

「SIMカード」(シムカードと読みます)は、電波を使ってインターネットに接続したり電話をかけたりすることができるものです。「SIMカード」には契約者や契約内容の情報が入っています。

スマートフォンに、通信会社と契約した「SIMカード」を取り付けることで、「Wi-Fi」が使えない場所でもインターネットに接続したり、電話をすることができるようになります。

格安SIMの会社の「SIMカード」は、「インターネット接続だけのもの」、「インターネット接続+SMS(ショートメール)」、「インターネット接続+通話」などの種類があり使用料金が異なります。

SIMカードは大きさによって、標準SIM、マイクロSIM、nanoSIM の3種類があります。
スマートフォンに合った大きさに、切り抜いて使用します。

SIMフリースマホとは

スマートフォンには、「SIMフリーのスマホ」「SIMロックの掛かったスマホ」があります。

SIMフリーのスマホ

SIMフリーのスマホは、基本的には何処のSIMカードでも差し替えて使用できるものです。
SIMフリーのスマホを、インターネットのショップなどでも購入して、格安SIMカードを別に契約して使うわけですが、キャリアで購入するようにショップ(店頭)がないので自分でセットする必要があります。

SIMロックのスマホ

SIMロックのスマホには、他の通信会社のSIMカードが使えないように「ロック」が掛かっています。このようなスマホを「SIMロックの掛かったスマホ」といいます。
2019年12月現在では、SIMロックを解除することができるようになりました。

キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信会社では「スマートホン本体とSIMカード」をセットにして販売しています。

キャリアのスマートフォンは、SIMロックが掛かった状態で販売されていますので、その通信会社のSIMカードでしか使用することができません。

他の通信会社のSIMカードを使うには、SIMロックを外す必要があります。

格安スマホに向いている方

一般的にSIMフリーの格安スマホにすると、料金が安くなると言われますが、電話(音声通話)を多く利用する人には不向きかもしれません。

なぜなら音声通話の料金が割高になっているからです。だいたい「1分で40円」位の料金です。

したがって、格安スマホに向いている方は、次のような人です。
1.家で「Wi-Fi」接続で使うことが多い。
2.電話(音声通話)はあまり使わない。
というような人に向いていると思います。

以上で「SIMフリースマートフォン の使い方」の説明を終わります。