Skypeの使い方を設定する




スポンサーリンク



Skypeの使い方を設定する

Skypeという無料で通話できるソフトがあります。

テレビ電話のようなもので、使い方によってはとても便利なものです。

Skypeを使えば、遠くの友人や家族などと画像を見ながら話ができます。

Skypeを使って、会議や英会話の勉強に使うというような方法もあるようです。

Skypeで通話に必要なもの

カメラとマイクが必要です。パソコンに付いていれば問題ありませんが、無ければ用意する必要があります。

webカメラを購入すれば、マイクもついていますので安心です。

図のようなもので、USB端子に接続して使用します。

Skypeの設定

Windows10では、既定でSkypeがインストールされていますので設定をして見ました。

①スタートボタンから、②「S」の欄にSkypeがあります。タイルには図のようなマークがあります。

③Skypeをクリックする。

Skypeの画面が起動します。

Skypeにサインインします。Skype名などを入れます。

アカウントがない場合は、下にある「アカウントを作成」から作成してください。

次へをクリックします。

パスワードを入れて、サインインをクリックします。

Skypeの画面が起動しました。

左側に通話先が表示されます。

ここでは、「Echo/Sound Test Service」をクリックして使い方を見てみましょう。

「Echo/Sound Test Service」をクリックすると、次のような画面がでます。

右上の受話器のマークをクリックします。

「Echo/Sound Test Service」の画面になります。この画面で、マイクのテストができます。

ここでは、「Echo/Sound Test Service」を通話先に選びましたが、使い方はほぼ同じです。

通話先を選んで、画面の右上の受話器のマークをクリックすれば相手を呼び出します。

相手が、通話に応じれば会話をすることが出来るわけです。

skype マイクが機能していません

先ほどの、「Echo/Sound Test Service」で音声テストをする場合、「マイクが機能していません」と表示される場合があります。

この場合は、設定の中にあるマイクの設定を有効にする必要があります。

設定画面を開いて、プライバシーをクリックします。

左側の「マイク」をクリックします。

次に、「Skype」の欄のアプリを オンにして、画面を閉じます。

カメラの設定もオンにする

カメラの設定も「Skype」の欄のアプリを オンにする必要があります。

これで、Skypeで通話する設定は終了です。

以上で「Skypeの使い方を設定する」の説明を終わります。




スポンサーリンク