スタートメニューの画面の説明




スタートメニューの画面の説明

Windows10のスタートメニューは、いろいろな作業をする操作の起点になります。

スタートメニューを開くには、デスクトップ左下の「スタートボタン」をクリックすることで表示することができます。

スタートメニューにはすべてのアプリが入っている

スタートメニューの左側には、パソコンにインストールされているすべてのアプリがアルファベット順に並んでいます。

ここからアプリを探して目的のアプリをクリックするだけで、すばやくアプリを起動することができます。

●電源などの機能ボタンの配置
スタートメニューの左下には、「アカウント」「設定」「電源」などのアイコンが配置されています。

それぞれのアイコンをクリックするだけで、目的の画面を呼び出すことができます。

●電源のアイコン
電源アイコンをクリックすると、スリープ、シャットダウン、再起動等のメニューが開きます。

目的の項目を選んで、パソコンを操作することができます。

●設定のアイコン
設定のアイコンをクリックすると、設定画面が開きます。

スタートメニューのサイズ変更

スタートメニューは、上下、左右、斜めにドラッグすることで、サイズの変更をすることができます。

使用しているディスプレイによってサイズの調整機能は決まりますが、サイズを大きくすればスクロールすることもなくタイル全体を見ることができます。

●ドラッグのやり方
スタートメニューの上端にマウスポインタを合わせる。

マウスポインタの形が上下矢印の形になったら、上下にドラッグするとサイズの変更ができます。

右側と斜めのやり方も同様です。

スタートメニューのカスタマイズ

●「よく使うアプリ」の表示と非表示
初期状態では、スタートメニューの左上に「よく使うアプリ」が表示されています。

この表示を非表示にする設定
設定→個人用設定→スタートの画面から、「よく使うアプリ」の項目をオフにすることで非表示にすることができます。

●「ドキュメント」をスタートメニューから開く設定
スタートメニューの左下には「電源」「設定」などのボタンが表示されています。

この領域には「ドキュメント」などの主要なフォルダを開くためのボタンも追加できます。

追加する方法は次のように行います。

  • 設定から個人用設定のスタートをクリック
  • スタートに表示するフォルダを選ぶをクリック
  • 項目の中の「ドキュメント」をオンにする。

ドキュメントの表示と非表示

スタートメニューをシンプルに表示する

アプリ一覧を非表示にすると、タイルのみの画面になりスタートメニューがシンプルになります。

スタートをクリック

アプリの一覧表示をオフにする。

アプリの一覧表示をオフにすると、スタート画面が次のようにシンプルになります。

画面全体にスタートメニューが表示される時

タブレットモードや全画面表示がオンになっていると、画面全体にスタートメニューが表示されます。

タブレットモードを「オフ」にする
アクションセンター→タブレットモードを確認して「オフ」にする。

タブレットモードがオフでも画面全体に表示されるとき
個人用設定のスタートをクリック

全画面表示のスタートを使うを「オフ」にする。

以上で、「スタートメニューの画面の説明」の説明を終わります。




スポンサーリンク