システムイメージを作成する方法




パソコンには、インストールしたアプリやアカウント、ウィンドウズのシステムやシステムドライブの起動情報などがあります。

このような情報は、通常「Cドライブ」というHDDやSSDにインストールされています。

このようなシステムなどの情報は、ファイルやフォルダのコピーではバックアップすることができません。

パソコンが動作するために必要な「Cドライブ」の情報をまるごとコピー(バックアップ)したものを「システムイメージ」といいます。

システムイメージを作成するには、Cドライブの状態をまるごとコピーしますので、大容量のハードディスクが必要になります。

システムイメージの作成方法

実際に「システムイメージ」を作成してみます。

バックアップ先として
外付けドライブ「D」をパソコンにつなぎます。
ドライブの名前はPCの構成や設定により異なります。

1.スタートからWindowsシステムツールの「コントロールパネル」を開きます。
右上の表示方法が「カテゴリ」になっていることを確認します。
「バックアップと復元(Windows7)」をクリック。

2.「システムイメージの作成」をクリックします。

3.バックアップの保存先を選びます。
ここでは、ハードディスク上のボリューム「D」を選びます。
次へをクリックします。

4.バックアップの設定の確認です。
保存先が指定した「ドライブD」になっていますのでOKです。
「バックアップの開始」をクリックします。

5.バックアップが開始されます。
バックアップが終了するまで待ちます。

6.バックアップが終了すると、「システム修復ディスクを作成しますか?」と表示されます。
回復ドライブを作成するので「いいえ」をクリックします。

7.バックアップの画面になるので、閉じるをクリックして終了します。

9.ドライブ「D」を開いて見ると、[WindowsImageBackup]という名前のファイルができています。

システムイメージを作成する方法 の説明を終わります。




スポンサーリンク