Thunderbirdのインストール




Thunderbirdのインストール

メールを送受信するためのソフトを、メールソフトといいます。

メールソフトのことをメーラーということもあります。

Windows10には標準のメールソフトが入っていますが、ここでは、Thunderbird(サンダーバード)というメールソフトの説明をします。

今までに、Outlook Express→Windows Live mail→Thunderbirdと使ってきました。

Thunderbirdを使い始めたのは、Windows Live mailのサポートが終了したので、いろいろな、メールソフトを試してみて使いやすかったので、最終的にThunderbirdを使うことにしました。

メールソフトには、種類がたくさんありますが、一度設定したものを続けて使うという傾向があります。

途中で他のメールソフトに変更するのが面倒なためです。

Thunderbirdをダウンロードする

ThunderBirdを、webからダウンロードします。

どこのダウンロードサイトからダウンロードして構いませんが、一つダウンロードサイトを載せておきます。

ThunderBirdのダウンロード

・Thunderbirdをダウンロードする画面になります。

ダウンロードのボタンをクリックします。

・ダウンロード先の画面になります。保存先は、ご使用のPCによって表示される画面が異なります。

  1. ここでは、保存先が「ダウンロード」のフォルダになっています。

  2. クリックすると保存先を変更できます。よくわからない方は「デスクトップ」を選ぶと良いでしょう。

  3. ファイル名です。このままでOKです。

  保存をクリックします。

・保存先「ダウンロード」フォルダに、Thunderbirdのファイルがダウンロードされています。

Thunderbirdをインストールする

1. Thunderbirdをインストールするために、ファイルを「Wクリック」します。

2. インストールの確認画面になります。「はい」をクリックします。

3. Thunderbirdのセットアップ画面次へをクリック。

4. Thunderbirdのセットアップの種類

このままで良いので、次へをクリック。

5. Thunderbirdのインストールの確認画面

インストールをクリックします。

Thunderbirdのインストールが始まります。完了するまで待ちます。

6. Thunderbirdのインストールが完了した画面です。

7. 画面の完了をクリックすると、次の画面になります。

「このウィンドウを閉じて後で設定する」をクリック。

8. Thunderbirdのメールソフト画面になります。

9. 新たに、Thunderbirdのメールソフトを起動するには、デスクトップにあるショートカットを「Wクリック」すればOKです。

以上で「Thunderbirdのインストール」の説明を終わります。




スポンサーリンク