USBメモリーのフォーマット種類の選び方




USBメモリーのフォーマット種類の選び方

通常、USBメモリーは購入して、そのままの状態で「フォーマット」をしなくてもパソコンに接続して使用することができます。

しかし、後になって何らかの事情で、USBメモリーをフォーマットする必要が出てくる場合があります。

フォーマットの種類には次のようなものがあります。

フォーマットの種類

フォーマット規格 1ファイルの上限 容量の上限 Win Mac Android
FAT(FAT16) 2GB 4GB
FAT32 4GB 2TB
NTFS なし 256TB
exFAT なし 無制限

FAT(FAT16)

以前からの、フォーマットの方式です。

現在ではあまり使われなくなっています。

FAT32

一時は、フォーマットの主流でしたがUSBメモリーの大容量化に伴い、しだいに使われる機械が少なくなりそうです。

また、1ファイルのサイズに4GBという上限があります。

そのため、大きさが4GBを超えるファイルは、USBメモリーなどの容量に空きがあってもコピーすることができないということがあります。

NTFS

Windowsでよく使われるファイルシステムで、HDDなどによく使われている。

exFAT

exFATはリムーバブルのストレージ用に開発されたファイルシステムで、FAT32の進化版と考えればよいでしょう。

FAT32のような1ファイルの制限がなくなり使いやすくなりました。

どのフォーマットを使えばよいのでしょうか?

では、実際にどのフォーマットを使えばよいのでしょうか?

一番簡単な方法は、フォーマットをする画面のファイルシステムに

「既定」と表示されたフォーマットのファイルシステムを使えば良いでしょう。

エクスプローラーを開き、該当のUSBメモリーを右クリックする。

右クリックメニューのフォーマットをクリック

ファイルシステムが規定になっているのを確認する。

開始をクリック

警告画面が出ますが、OKをクリックします。

これでフォーマットが完了します。

クイックフォーマットとフォーマット
クイックフォーマットは、時間が短くて済みますので自分で使う場合はこちらで良いと思います。
フォーマットは、USBメモリーを破棄したり譲渡する場合に使用されるようです。

別のファイルシステムに変更する

別のファイルシステムに変更する場合は、ファイルシステムのところをクリックする。

メニューの中から、使いたいファイルシステムを選んでクリックする。

そして、開始をクリックすればファイルシステムを変更することができます。

以上で「USBメモリーのフォーマット種類の選び方」の説明を終わります。




スポンサーリンク