LANとWANの違いは何?




スポンサーリンク



LANとWANの違いは何?

LAN(ラン)とは

LANとは「ローカルエリアネットワーク」の略で、家庭やオフィスといった小さなエリア内のデバイス(パソコンやスマートフォンなど)を、まとめてインターネットに接続する仕組みのことです。

家庭でインターネットに接続するために、次のように光回線を導入したとします。

図のように、ルーターに複数のパソコンやスマートフォンなどを、つないで利用することを「家庭内LAN」といいます。

LANのメリットは、家庭やオフィス内にある複数の機器で、双方向のネットワークを構築できることです。

2台のパソコン間でデータをやり取りしたり、1台のプリンターを複数のパソコンやスマートフォンで共有することができます。

ただし、スマートフォンやプリンター、ゲーム機など「WIFI」接続の機器がある場合は、無線ルーターを接続する必要があります。

WAN(ワン)とは

WANとは「ワイドエリアネットワーク」の略です。

LANに比較して広い範囲(市街地を越え郊外、県外や国際の範囲)におよぶネットワークのことで、だれもが自由に接続できるネットワークです。

簡単に言うと、WANは世界中のLANとLANをつないだ大きなネットワークということになります。

インターネットもWANのひとつです。

インターネットは、世界中のコンピュータ同士がくもの巣のようにつながっています。

WANを利用することで世界中の人とのコミュニケーションが可能になっています。

以上で「LANとWANの違いは何?」の説明を終わります。




スポンサーリンク