Windows10のパソコンの特徴




スポンサーリンク



Windows10のパソコンの特徴

Windows10は、パソコンを動かすための基本ソフトで、OS(オペレーティングシステム)と呼ばれています。

パソコンが一般的に使われるようになったのは、何といっても「Windows95」というOSが発売された頃からです。

Windowsの前は、「MS-DOS」というものに直接コマンドをキーボードから入力するもので、マニアが使うような感じでした。

Windows95でパソコンは使いやすくなった

Windows自体は、MS-DOSを使って動いているものです。Windows95になってから、複数のアプリを開くことが出来るようになりパソコンはとても使いやすくなりました。

Windows10になるまで、OSは進化してきました。
主なものでは、Windows95→Windows98→WindowsMe→WindowsXP→WindowsVista→Windows7→Windows8→Windows10などのように変化してきました。

これまでは、OSが変わるたびにユーザーは買い替えてきましたが、Windows10のパソコンの特徴は、2025年10月14日までサポートがあるようです。

Windows10はどのデバイスでも使える

Windows10のパソコンの特徴は、デスクトップパソコンだけでなく、ノートパソコンやタブレットなど多くのデバイスで利用することができます。

今までのように、マウス操作だけでなく、画面を手でなぞって操作をするタッチ操作にも対応しています。

  • どんなデバイスにもつながり、使うことができます。
  • 使いやすい操作感でさらに使い安くなった。
  • 自分の使い方に合わせて、使うことが出来る。
  • 今までのOSの、いいとこ取りをしたOSです。

スタートボタンの復活

スタートボタンはWindows7まではあったのですが、その後なくなってしまいました。

しかし、スタートボタン復活の要望が強いため、Windows10で復活しました。

Windows10のパソコンの特徴は、いままでのOSの中でも非常に使いやすいOSになっていることです。

以上で「Windows10のパソコンの特徴」の説明を終わります。




スポンサーリンク