Windows10 パソコンの特徴




Windows10は、マイクロソフトが開発したパソコン用の基本ソフトのことで、OS(オペレーティングシステム)と呼ばれています。

Windows10の役割は、利用者とパソコンの仲立ちをして、各種のアプリケーションソフトや周辺機器を利用できるようにするものです。

Windows10の特徴はパソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンのOSとしても使われています。

これまでのWindowsとの違い

Windows10が、今までのOSと大きく違うところは、アップグレードを提供する形態がサービス化されたということです。

これまでのWindowsは、バージョンアップされると買い換える必要がありました。

しかし、Windows10はWindows Updateを経由して定期的に、アップグレードされて提供されるようになりました。

これは、Windows10パソコンの特徴の一つです。

Windows10はいいとこ取りをしたOS

Windows10のパソコンの特徴は、デスクトップパソコンだけでなく、ノートパソコンやタブレットなど多くのデバイスで利用することができます。

今までのように、マウス操作だけでなく、画面を手でなぞって操作をするタッチ操作にも対応しています。

  • どんなデバイスにもつながり、使うことができます。
  • 使いやすい操作感でさらに使い安くなった。
  • 自分の使い方に合わせて、使うことが出来る。
  • 今までのOSの、いいとこ取りをしたOSです。

スタートボタンの復活
スタートボタンはWindows7まではあったのですが、その後なくなってしまいました。

しかし、スタートボタンは、Windows10で復活しました。さらに、Windows8.1のタイル機能も標準で使うことができますので、アクセスしたいアプリケーションを直ぐに見つけられます。

このように、Windows10のパソコンは、いままでのOSの中でも非常に使いやすいOSになっています。

専用ブラウザ「Microsoft Edge」
ブラウザも、Internet Explorerに変わりより機能を刷新した「Microsoft Edge」が採用されています。

アドレスバーに直接検索ワードを入力してWeb検索が行えるようになり、利便性が向上しました。

また、Webページヘ手書き入力することができる「Webノート」機能があり利便性が増しました。

この他にも、いろいろな新機能が装備されています。

Windows10 パソコンの特徴 の説明を終わります。







スポンサーリンク