フォーマットとは何か

フォーマットとは、ストレージ(HDD、USBメモリー、SDカードなど)を、最初に使用する時に初期化をすることです。

フォーマットはデータを保存するためのファイルシステムを作ります。
フォーマットをすることで、HDDなどのストレージを使用することができます。

クイックフォーマットと通常のフォーマット

HDDやSSD、USBメモリなどの記録メディアのイメージを説明します。

図のようにデータを保存する仕組みは、「実際のデータを保存する領域」と「データを何処に保存するかという番地のようなものを管理する領域」があります。

フォーマットのやり方には、「クイックフォーマットと通常のフォーマット」の2つがあります。
この違いについて説明します。

クイックフォーマット

  • データを保存する番地の保存領域を消去します。
  • データ自体は残っています。
  • フォーマットにかかる時間は比較的短い時間で終わります。

通常のフォーマット

  • 通常のフォーマットはクイックフォーマットと同じように、データを保存する番地の保存領域を消去します。
    入力されたデータ自体は、残っています。
  • 通常のフォーマットは加えて、ディスクの不良箇所のチェックをします。不良箇所がある場合は、不良箇所にデータを書き込みできないようにチェックをします。こうすることで、不良箇所に記録したデータが、後から開けないということをなくすことができます。
  • 不良箇所のチェックをするために、作業時間が非常にかかります。
    数時間という単位でかかります。

フォーマットの規格

フォーマットの規格には、「FAT16」「FAT32」「NTFS」「exFAT」などがあります。

FAT16 • 以前からのフォーマットの方式です。現在ではほとんど使われていません。
FAT32 メリット • 現在一般的に使われているもので、数多くのOSに対応しています。
デメリット • 1つのファイルの大きさに「4GB」までという制限があるために、それ以上のファイルを保存できない。
• 保存できる最大の領域は2TBまでになります。
NTFS メリット • 1つのファイルの大きさに、事実上制限がありません。
• Windowsでよく使われるファイルシステムで、HDDなどによく使われています。
デメリット 基本的にWindows以外では使えない。
exFAT メリット • 1つのファイルの大きさに、事実上制限がありません。
• WindowsとMac(アップル)でも使用できる。
• exFATはリムーバブルのストレージ用に開発されたファイルシステムで、FAT32の進化版と考えればよいでしょう。
デメリット 規格が新しいので、古いOSでは動作しないことがあります。

以上で「フォーマットとは何か」の説明を終わります。