初心者のためのUSBメモリの使い方

USBメモリは使い方を覚えると、データを保存して持ち運びできるのでとても便利なデバイスです。

初心者の方はパソコンにUSBメモリを接続したときの、動作がパソコンによって異なるので戸惑うことがあるかもしれません。

ここでは、「パソコンの設定」に関係なく、初心者の方が USBメモリ を開いて使う方法を説明します。

USBメモリの動作 初心者用

初心者の方がUSBメモリをパソコンに接続したときに戸惑うのは、パソコンの設定によってUSBメモリの動作が違うためです。

そのため、USBメモリを接続したが、USBメモリを開くことができないということがあります。

パソコンの設定に関係なく、USBメモリを使う方法は、「エクスプローラーから開く方法」 です。

エクスプローラーから開く場合は、パソコンの設定に関係なく開くことができます。

タスクバーの「エクスプローラー」をクリックします。

エクスプローラーを開いて、左のメニューの「PC」を選択します。

エクスプローラーにある「USBドライブ」を「Wクリック」して開きます。

または、左のメニューの「PC」にある「USBドライブ」をクリックしても、USBメモリを開くことができます。

初心者の方が戸惑うUSBメモリの動作

USBメモリをパソコンに取り付けたときの、動作はパソコンの「設定」にある「デバイス」→「自動再生」の状態により異なります。

USBメモリの動作

  • 何もしない
  • USBメモリのフォルダを開いてファイルを表示(エクスプローラー)
  • 毎回動作を確認する

何もしない

USBメモリをパソコンに接続しても、デスクトップには何も変化がありません。
この場合は、上の説明にあるように「エクスプローラー」から開きます。

USBメモリのフォルダを開いてファイルを表示(エクスプローラー)

USBメモリを接続すると、自動的に「USBドライブ」が選択され、USBメモリの中が開きます。

毎回動作を確認する

USBメモリをパソコンに接続すると、右下に「動作の選択」が表示されるので、これをクリックします。

USBメモリに行う動作の選択画面になります。通常は「フォルダを開いてファイルを表示」を選択します。

「USBドライブ」のフォルダーが開きます。

USBドライブにファイルなどのデータを保存するには、ファイルを「ドラッグ」すれば保存できます。

以上で「初心者のためのUSBメモリの使い方」の説明を終わります。