アフィリエイト広告を利用しています

初心者のためのUSBメモリの開き方!どこから開くのが簡単?

パソコンにUSBメモリを差した時の動作の種類、USBメモリの開き方について解説します。パソコンにUSBメモリを差した時の動作は、設定から選択することができます

パソコンでUSBメモリを開く方法は色々あります。初心者とすれば「USBメモリをパソコンに差した時に自動的にUSBのファイルが開いてくれる」のが一番簡単で便利です。その設定方法についても解説します。

この記事を読むと、パソコンにUSBを差した時の動作やUSBメモリの基本的な開き方や使い方がわかります。

目次

USBメモリとは?

USBメモリは小さな記憶装置

USBメモリは、取り付け、取り外しが簡単にできる記憶装置のことです。パソコンのUSB端子を使ってデータをやり取りします。

大きさは手でつまめるサイズなので、持ち運びが簡単にできデータの受け渡しがスムーズにできます。また、データをバックアップして保存することも可能です。

USBメモリは、HDD(ハードディスク)と違って可動部分が無いので壊れにくい構造です。

USBメモリの容量はどれだけ必要?

USBメモリの容量は、1GB(ギガバイト)程度から様々な容量があります。容量の大きさに比例して、価格が高くなります

どの位の容量が必要か?は使う人により違ってきます。ワードやエクセルのファイルだけなら、保存するファイルの量が小さいので、小容量(数ギガ)のUSBメモリで良いことになります。

動画などを保存する場合は、大容量(数十から数百ギガ)のUSBメモリが必要になります。

USBメモリのメリット

USBメモリは小型軽量なので、持ち運びやすくデータの受け渡しが楽にできるデバイスです。

データの受け渡しが簡単

旅行などの写真ファイルやエクセルやワードのファイルなど、USBメモリを使えば他の人のパソコンにコピーしたりすることも可能です。

データのバックアップができる

パソコンの重要なファイルなどを、USBメモリにバックアップすれば「万が一」パソコンが故障した時でも、必要なファイルをUSBメモリから取り出すことができます

USB端子はどこにある?

USBメモリは、パソコンのUSB端子に差して使います。USBメモリの端子は、Type-AとType-Cがありますが、一般的なType-Aについて説明します

USB端子は周辺機器を接続する時に使います。キーボードやマウスなどの周辺機器を、パソコンのUSB端子に接続して使います。

USB端子には色々な種類があります。
USB端子の配線の構造と種類

USBメモリはパソコンのどこに差す?

USBメモリは、パソコンの前面や側面にある「四角」の端子に差します。デスクトップパソコンの場合は、USB端子が裏面にもある場合が多いです。

パソコンの側面の端子には、USB端子の他にも「HDMI」、「Type-C」「イヤホン」などの端子があります。

USBメモリは裏表の向きがある

USBメモリを取り付ける時は、パソコンのUSB端子に差します。パソコンの側面などに四角の端子があり、USBのマークが付いている場合もあります。

USBメモリの端子には、表と裏があり逆の方向には差せません。簡単な見分け方は、継ぎ目のある方が裏側です。うまく差さらない時は逆方向にすれば差さります。

パソコンにUSBを差した時の動作の種類

パソコンにUSBを差した時「どのような動作をするか」は、そのパソコンの設定状況により異なります

パソコンにUSBメモリを差した時、パソコンに表示される動作には次のものがあります。

  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示する(エクスプローラー)
  • 毎回動作を確認する

何もしない

「何もしない」は文字通りで、パソコンには何も起こりません。この場合はエクスプローラーから、USBを開くことが最適です

フォルダーを開いてファイルを表示する(エクスプローラー)

フォルダーを開いてファイルを表示する(エクスプローラー)は、USBをパソコンに繋ぐと自動的にUSBのファイルが開きます

この設定にしておくのが、初心者の方には一番使いやすい設定でおすすめの設定です。パソコンにUSBを繋ぐ目的は、USBのファイルを開くことです。

毎回動作を確認する

毎回動作を確認するは、パソコンにUSBを繋ぐとトーストと呼ぶ通知画面が表示されます。通知画面をクリックすると、動作の選択画面で動作を選ぶことができます。

パソコンにUSBを繋ぐ目的は、USBのファイルを開くことです毎回動作を確認するを選ぶと、トースト画面でクリックし、さらに動作の選択画面でファイルを開くことになり二度の手間になります。

また、通知画面は時間が経つと消えてしまいます。特別な目的がなければ、あまり使う必要がありません。

USBメモリの開き方→エクスプローラーから開く方法

USBメモリをパソコンに差した時、パソコンに何も表示されなかったり、トースト画面が消えてしまった時など初心者の方は戸惑ってしまいます

パソコンにUSBを差した時に、パソコンが何の反応もしない時は、自動再生の設定で「何もしない」が設定されています。

その様な時にUSBをどこから開くのが良いかという場合は、エクスプローラーから開く方法です

パソコンでUSBメモリを開く設定がどのように設定されていても、エクスプローラーのPCの中にUSBメモリが表示されます。

エクスプローラーを起動して開く

タスクバーにある、「エクスプローラー」のアイコンをクリックします。キーボードから、「Windowsキー」と「Eキー」を同時に押しても起動できます。

エクスプローラーの項目の「PC」を選択

エクスプローラーの項目にある、「PC」を選択すると、接続したUSBメモリ(USBドライブ)をが表示されます。

エクスプローラーのUSBを選択

USBドライブを「Wクリック」すると、USBメモリが開きます。

USBメモリのファイルが開く

USBフォルダ(ファイル)の内容が開きます。

USBメモリの開き方→パソコンの通知画面から開く方法

パソコンにUSBを繋ぐと通知画面が表示されますが、通知画面は時間が経つと消えてしまいますので注意が必要です。

USBメモリをパソコンに接続

パソコンのUSB端子に、USBメモリを接続します。

デスクトップに通知が表示

パソコンにUSBメモリを接続すると、図のような、通知(トースト)が表示されます。

通知画面は表示される時間が決まっていて、時間が経つと消えます。
Windows10で通知の表示時間を変更する方法

通知画面をクリック

動作の選択画面になりますので、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

USBメモリのファイルが開く

USBメモリのフォルダが開き、フォルダに保存したファイルが表示されます。ファイルをWクリックするとデータが開きます

USBメモリを差すと自動的にファイルが開く設定にする方法

USBメモリをパソコンに接続したら、自動的にUSBメモリのファイルが開く設定にすれば便利です。

設定画面のデバイスを開く

キーボードの「Windowsキー」と「 I キー」を同時に押すと、設定画面が開きます。設定→デバイスをクリック。

左のメニューの自動再生を選択

自動再生の規定の選択

自動再生の規定の選択から、「フォルダーを開いてファイルを表示」を選択。

USBメモリの接続すると自動的にフォルダが開く

以上の設定でUSBを接続すれば、USBメモリのフォルダが自動的に開きます。

自動再生の選択は、設定画面から選択することができます。
リムーバブルドライブの自動再生を設定する方法

エクスプローラーに表示されるUSBメモリの見方

パソコンにUSBメモリを取り付けると、エクスプローラーにUSBメモリの内容が表示されます

中央のインジケーターの色が青くなっている部分が使用量を表します。下側に空き容量とUSBメモリ自体の容量を表示しています。
このUSBメモリは、容量29.2GBのうち、残りが22.8GBあることを示しています。

USBの表示名は、USBドライブ(D:)や製品名(D:)などUSBメモリにより違います。カッコ内の文字は、Dから順に付けられます。

USBメモリを2つパソコンに取り付けると、USBドライブ(D:)、USBドライブ(E:)のようになります。

ドライブ文字(D:)などは、必要なら変更することができます。
ディスクの管理で新しいシンプルボリュームを作成する方法

USBメモリの取り外し方

USBメモリを取り外す時は、そのまま引き抜いてはいけませんUSBメモリをそのまま抜いてしまうと、データが壊れたり、保存ができなかったりします。決められた取り外し方をするのが安全です。

パソコンとデータの受け渡しをしている時は、USBメモリの表示ランプが点滅しています。表示ランプが点滅している時に、引き抜いたりするとUSBメモリが壊れたりデータが破損することがあります。

通知領域のハードウェアアイコンから取り外す方法

STEP
タスクバーから取り外す方法

タスクバーの通知領域の「∧」のボタンをマウスでクリックします。

STEP
USBメモリのアイコンをクリック

表示されたアイコンの中に、USBメモリの形をしたアイコンがあるのでクリックします。

STEP
取り出しをクリック

表示されたメニューから、該当するUSBメモリをクリック。
ここでは、「USBドライブ(D:)」です。

STEP
ハードウエアの取り出し

ハードウエアの取り出しの画面が表示されれば、USBメモリをパソコンから抜いても大丈夫です。

USBメモリの取り外しについては、エクスプローラーから取り外す、電源を切って取り外す方法などがあります。
USBメモリなどデバイスの取り付け方と取り外し方
USBアイコンを通知領域に表示する設定

USBメモリにデータを保存(コピー)する

USBメモリにデータを保存(コピー)する方法を説明します。パソコンとUSBメモリのエクスプローラーを別々に開きます

エクスプローラーを複数開く方法は、キーボードの「Windowsボタン」と「E」ボタンを同時に押して起動するのが簡単です。「Windowsボタン」と「E」ボタンを押すごとに、エクスプローラーが開きます

エクスプローラーを2つ起動する

パソコンのエクスプローラーは、元のデータのファイルを表示させます。USBメモリのエクスプローラーは、USBメモリを開いておきます。

データを保存(コピー)する

「ワード練習」を「ドラッグ&ドロップ」で保存します。

データを書き換える時の3つの方法

元のデータを更新したので、新たにUSBメモリのデータを書き換える場合、次のメッセージが表示されます。このメッセージは、ファイルを置き換える時に表示されます。

ファイルを置き換える

元のデータが変わっている時に、USBメモリのデータを変更しても良いか聞いています。新しいデータに変更するならこれを選びます。

ファイルは置き換えずスキップする

これを選ぶと、USBメモリのデータは変わりません。元のままです。

ファイルの情報を比較する

データの移動元と移動先の比較ができます。
更新日時を見れば、どちらが新しいファイルかわかります。
現在の場所にチェックして「続行」すればパソコンのデータに変更されます。

ファイルのコピーと移動については、次の記事が参考になります。
ファイルのコピーと移動の方法を知りたい

USBメモリのデータの削除方法

USBメモリのデータを削除するには、ファイルをクリックして「削除」のボタンを押す。又は、キーボードの「Delete」ボタンを押します。

「このファイルを完全に削除しますか?」と聞いてくるので、「はい」をクリックします。

USBメモリの一覧から、「ワード練習」のファイルが削除されました。

USBメモリのデータを完全削除する方法

USBメモリは消耗品です

USBメモリは性能の高いもので、容量の大きいものが1つあればよいというものではありません。

USBメモリは複数必要です。

USBメモリが複数必要なわけ
  • USBメモリは、一時的に記憶するのに適していること。
  • 使う用途によりUSBメモリを、使い分ける必要がある。
  • USBメモリは、場合によりデータが消えてしまうことがある。

USBメモリの基本的な使い方は、一時的なデータの保存や移動に適しています。そのため、簡単にデータを入れたり、出したりできます。

音楽を入れて車などで聞くなら、それほど性能の高いものは必要ではありませんから、比較的安価なUSBメモリでも十分に役目を果たします。

その代わり、 Windowsのインストールメディアなどに使う目的ならば、転送速度の高いUSBメモリを使うなど使い分けることが良いです。

とにかく、USBメモリは消耗品と考えて複数持つことが大切です。

大切なデータはUSBメモリから、DVDなどの記録メディアに保存するのが安全です。

まとめ

USBメモリはデータを持ち運びするのに便利なデバイスです。

USBを開く方法は、「エクスプローラーから開く方法」「通知画面から開く方法」があります。

しかし初心者にとってUSBを差した時、自動的にファイルが開くと一番使いやすいと考えられます。自動再生の方法は設定から簡単に変更できます。

目次