通知領域に「ハードウェアアイコン」を表示する設定方法

USBメモリなどのデバイスをパソコンに取り付けたとき、通知領域にの「ハードウェアアイコン」を表示することができます。

デバイスを取り外すときにこの「ハードウェアアイコン」をクリックして、デバイスを安全に取り外すことができます。

初期設定ではこの「ハードウェアアイコン」は隠れていますので、表示する設定にします。

表示する設定をすると、デバイスを取り付けたときに「ハードウェアアイコン」が表示され、デバイスを取り外したときに「ハードウェアアイコン」が非表示になリます。

このハードウェアアイコンは、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」と表示されるものです。

ハードウェアアイコンを通知領域に表示する設定方法

Windows10 初期状態の設定による表示は、次のようになっています。通知領域の「∧」のマークをクリックすると、表示されます。

次のような表示設定にします。
USBメモリーを差した時→通知領域に表示します。
USBメモリーを抜いた時→通知領域から表示を消します。

「設定」を開きます。
「個人用設定」をクリックします。

「個人用設定」が表示されます。「タスクバー」をクリックします。

「タスクバー」が表示されます。
下へスクロールして、通知領域→「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリックします。

「タスクバーに表示するアイコンを選択します」が表示されます。
一覧から「エクスプローラー」の切り替えスイッチをクリックして「オン」にします。

★ エクスプローラーが数種類ある場合

「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」と表示されている「エクスプローラーのアイコン」のスイッチをオンにします。

設定が完了になりますので、「×」をクリックして設定を閉じます。

★ これで、次のような動作をするようになりました。

1.USBメモリーを差した時→通知領域に表示します。
2.USBメモリーを抜いた時→通知領域から表示を消します。

以上で「通知領域にハードウェアアイコンを表示する設定方法 の説明を終わります。