デバイスを取り付けたときの動作(自動再生)の変更

デバイスを取り付けたときの動作(自動再生)の種類

デバイス(USBメモリ、DVDなどの光学ディスク)を取り付けたときの動作は、「設定」から変更することができます。

次のような設定の種類があります。

  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)
  • 毎回動作を確認する
  • ストレージ設定の構成(設定)

設定を変更した動作が次回の起動時から、デバイスを取り付けたときに適用されます。

■ ここでは、USBメモリをパソコンに接続した場合の動作について説明します。

「設定」を開きます。
次に「デバイス」をクリックします。

デバイス画面で、「自動再生」をクリックします。
リムーバブルドライブにある「∨」のマークをクリックします。

動作の種類を選べます。
■ ここで行った設定が、次回のデバイスの接続時から適用されます。

何もしない

この場合は、文字通り何も起こりません。
しかし、USBメモリは認識されているので、エクスプローラーを開くと表示されます。

フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)

この場合は、USBメモリを取り付けると、自動的にUSBメモリが開きます。

毎回動作を確認する

この場合は、次のようなトーストというものが表示されるのでクリックします。

動作を選択する画面が表示されるので、どれかをクリックします。

ストレージ設定の構成(設定)

USBメモリを取り付けると、「設定」の「ストレージ」が開きます。

以上で「デバイスを取り付けたときの動作(自動再生)の変更」の説明を終わります。