SDカードリーダーって何?SDカードリーダーの使い方はどうするの?

本格ドリップコーヒーがたっぷり10銘柄52袋入り!【10gコーヒーお試しセット】特別価格1,980円送料無料

この記事で書いていること

  • SDカードリーダーって何する時に使うの?
  • SDカードリーダーの使い方
  • おすすめのSDカードリーダーについて書いてます。

SDカードリーダーの使い方を知ればできること

  • デジタルカメラで撮った写真を、パソコンに保存したりすることができます。
  • SDカードに音楽を入れることができます。
  • SDカードはデータが消えてしまうこともあるので、パソコンや記録メディアに保存すると安心です。
目次

SDカードにデータは保存される

スマホやデジカメで撮った写真や動画などのデータは、内部のストレージ(内部メモリやSDカード)に保存されます。

SDカードの容量には限度がありますので、スマホやデジカメの 容量 がいっぱいになることがあります。 スマホやデジカメの データを、SDカードリーダーを使ってパソコンや記録メディアに 転送 することができます。

SDカードのデータを転送したあとは、SDカードをフォーマットして 再び使用 することができます。

本格ドリップコーヒーがたっぷり10銘柄52袋入り!【10gコーヒーお試しセット】特別価格1,980円送料無料

SDカードリーダーって何?

SDカードのデータを転送するために必要なものが、「SDカードリーダー」です。SDカードリーダーはSDカードのデータをパソコンなどに転送することができます。逆にSDカードに「転送」することもできます。

ノートブックパソコンには、通常「SDカードスロット」が付いていますので必要ありません。
しかし、デスクトップパソコンには、SDカードリーダーの機能が付いていないものもあります。

SDカードリーダーが付いていないパソコンでも、SDカードリーダーを接続すればSDカードのデータをパソコンに移動して保存することができます。

SDカードリーダー紹介

パソコン用、Android用、iPhone用 のSDカードリーダーを紹介します。

Anker 2-in-1 USB 3.0 ポータブルカードリーダー
インターフェイスがUSB-TypeAのカードリーダーです。主にパソコンで使用します。

【microSDXC / microSDHC / microSD / MMC / RS-MMC / UHS-Iカード用】USB端子がType-Aのものです。
  • SDカードとMicroSDカード、2つの差し込みがあります。
  • 比較的、価格が安く基本的な使い方は十分なので良く売れています。
  • 2つのカードに同時に読み取りと書き込みを行うことが可能で、カードを差し替える手間が必要ありません。
  • SD-XC、SD、MMC、RS-MMC、SD-HC、Micro SD、Mini SDに対応しています。
  • USB 3.0は、対応している全てのカードで、最大5Gbpsの高速データ転送を可能にします。
  • Mini SDはアダプタが必要です(別途ご購入下さい)。
  • USB端子が「Type-A」なので、USB-Cの端子には使えません。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー
インターフェイスがUSB-TypeCなので、Androidスマホに対応しています。

【SDXC / SDHC / SD / MMC / RS-MMC / microSDXC / microSDHC / microSD / UHS-Iカード対応】
  • SDカードとMicroSDカード、2つの差し込みがあります。
  • USB-C経由で接続してお使いのスマートフォンの容量メモリを大幅に拡張します。
  • MacBook 2018、Galaxy S9などの幅広いUSB-Cポート搭載機器で動作するように設計されています。

Apple Lightning - SDカードカメラリーダー
Apple純正品なので安心して使えます。

SDカードをリーダーに差し込むことで、iPad・iPhoneと自動的に同期され、写真アプリが開かれ、データ転送が簡単にできます。
  • SDカードをリーダーに差し込むとiPadやiPhoneの写真アプリケーションが自動的に開き、写真が「モーメント」「コレクション」「年別」に整理されます。
  • データ転送は、12.9インチiPad Proと10.5インチiPad Proでは最大でUSB 3.0の速度に対応し、9.7インチiPad Proを含めたiPadのその他のモデルやiPhoneのすべてのモデルでは、最大でUSB 2.0の速度に対応します。
本格ドリップコーヒーがたっぷり10銘柄52袋入り!【10gコーヒーお試しセット】特別価格1,980円送料無料

SDカードリーダーの使い方

SDカードのデータを他に転送する

■パソコンの場合

  • SDカードリーダーとパソコンを接続する。
  • パソコンのエクスプローラーでSDカードを開く。
  • SDカードのデータをコピーして、保存先のパソコンのフォルダに貼り付ける。

■Androidの場合

  • SDカードリーダーをスマホに接続します。
  • スマホの設定から、ファイル管理アプリを使って転送します。

■iPhoneの場合

  • SDカードを接続すると「写真」アプリが開きます。SDカード内の取り込みたい写真を選択し、iPhoneの「読み込む」をタップします。

他のデータをSDカードに転送する

■パソコンの場合

  • パソコンなどのデータをエクスプローラーで選択する。
  • 選択したデータをコピーして、SDカードに貼り付ける。

■Androidの場合

  • SDカードをAndroidスマホに接続し、転送したいデータを「SDカードに移動またはコピー」で移動する。

■iPhoneの場合

  • SDカードをiPhoneに接続し、「写真」アプリを開きます。転送したいデータを選択し、SDカードに保存します。
本格ドリップコーヒーがたっぷり10銘柄52袋入り!【10gコーヒーお試しセット】特別価格1,980円送料無料

Wi-Fiカードリーダーとは?

SDカードリーダーには「Wi-Fi」でスマホやタブレット、パソコンとデータのやり取りができる製品がでてきています。

Wi-Fi SDカードリーダーの特徴

  • Wi-Fiを使うのでUSBケーブルがいらないのが利点です。
  • 写真や動画などを撮ったらすぐにデータを転送できるので便利です。
  • Wi-Fiの設定が商品ごとに違うので、設定をするのに手間がかかる。反面設定さえ完了すればあとは楽ちんです。
  • 転送するデータが大きい時は注意が必要

Wi-Fi SDカードリーダーの注意点

Wi-Fi を使うので、転送するデータが大きい時は、転送に時間がかかるということがあります。

転送速度を早くしたい場合には、 Wi-Fi  SDカードリーダーの性能が高いものを使うことです。
そして、SDカードもスピードの速い「UHSスピードクラス」を使いましょう。

おすすめのWi-Fi SDカードリーダー

iOS・Android|11ac|スマホ充電|3,350mAh|日本メーカー WFS-SR03W

無料の専用アプリを使って、スマホ内の写真や動画を「SDカード」や「USB HDD」へ 自動転送 することができます。

高速なWi-Fi規格「11ac」に対応しているので、データを 高速伝送 することができます。

パソコンやスマホを使わずに、SDカードからUSB HDD に直接データを転送することができます。

対応機種
  • iPhone、iPad、iPod touch
  • Android 端末
  • Windows パソコン
  • Apple Macシリーズ

備考 スマートフォン・タブレットの同時接続台数は5台までです。

本格ドリップコーヒーがたっぷり10銘柄52袋入り!【10gコーヒーお試しセット】特別価格1,980円送料無料
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる