SDカードの種類と性能表示の見方

SDカードの種類と性能表示の見方を知っていますか。

この記事ではSDカードの大きさによる種類と容量別の呼び方、SDカードの性能表示の見方について説明します。SDカードについて知りたい方は必見です。

目次

SDカードの種類

SDカードの大きさによる種類

「SDカード」と「microSDカード」が主流で、「miniSDカード」はあまり使われません。

「SDカード」はデジカメやPC用に使われ、「microSDカード」は、Androidのスマホなどに使われます。

「microSDカード」をパソコンのSDカードスロットに入れるには、大きさを合わせるために「アダプタ」を使います。

「SDカード」あるいは「SDメモリカード」は、フラッシュメモリーを使ったメモリーカードに属するもので、電源を切っても データが保持 されるという特徴があります。

SDカードの容量別の種類

SDカードは、記録できる容量により呼び方が異なります。

SDカードSDHCカードSDXCカードSDUCカード
容量2GBまで2GB~32GB32GB~2TB2TB~128TB

SDカードの性能表示の見方

SDカードの図で、記載されている表示について説明します。

1.ロックスイッチ
通常は、ロックスイッチが上にある状態になっています。「書き込み禁止」にするには、ロックスイッチを下にずらします。SDカードに書き込みしようとして「ディスクが書き込み禁止になっています」というエラーが表示されたときには、このロックスイッチを解除する必要があります。

2.読み取り速度
SDカードにのこの数値は、パソコンなどに転送する時間に関係します。読み取り速度が速いほうが短時間でパソコンなどにデータを転送できます。

3.容量
SDカードの容量を示しています。

4.容量ロゴ表示
「SD」「SDHC」「SDXC」などの表示をしています。

5.スピードクラス
スピードクラスは「CLASS 2/4/6/10」の4種類あります。

6.UHSスピードクラス
UHSスピードクラスは「クラス 1/3」の2種類があります。

以上で「SDカードの種類と性能表示の見方」の説明を終わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる