USBメモリに音楽を入れて楽しむ




USBメモリは、通常の記録データだけでなく音楽のデータなども入れることができます。

USBメモリに音楽を入れておけば、「カーナビゲーション」のUSB端子に接続して、車で音楽を楽しむことができます。

また、アウトドアが好きな人は、BluetoothスピーカーなどにUSBメモリを接続して再生することもできます。

パソコン内の音楽データをUSBメモリにコピーする

ドラッグ&ドロップでデータをコピーする

1.パソコンの中にある音楽データを「エクスプローラー」で開いておきます。

2.音楽データを保存する「USBメモリ」をパソコンに接続します。

3.「エクスプローラー」でUSBメモリを開いておきます。
「エクスプローラー」を複数開くには、ショートカットキーを使うのが簡単です。
「Windows + E キー」でエクスプローラーが開きます。
エクスプローラーが開いたら、ドライブの中にある「USBドライブ」を「Wクリック」します。

4.USBドライブの中が開きます。まだ、データを何も入れていないので、USBメモリの中は空(カラ)です。

5.データを移動するには、「ドラッグ&ドロップ」するのが簡単です。
音楽データのフォルダから、「ドラッグ&ドロップ」で、USBメモリのフォルダにファイルをコピーします。

USBメモリの中にフォルダを作る方法

USBメモリの中にフォルダを作り楽曲を整理する

1.エクスプローラーにある「USBドライブ」の何もない所で「右クリック」をします。
メニューの新規作成→フォルダをクリックすると、フォルダが作成できます。

2.ここでは「邦楽とpops」のフォルダを作りました。

3.楽曲のファイルをフォルダに「ドラッグ&ドロップ」すれば、移動することができます。

ファイルを選択する方法

●連続したファイルを選択する方法
1.移動する最初のファイルをクリックします。

2.Shidt キーを押したまま、最後のファイルをクリックすると、複数のファイルを選択することができます。

3.選択したファイルを「ドラッグ&ドロップ」すれば移動できます。

●ファイルをランダムに選択する方法
1.ファイルを飛び飛びに選択するには、移動する最初のファイルをクリックします。

2.Ctrl キーを押しながら、移動するファイルを選択します。

これで、ファイルをランダムに選択できますので、あとは「ドラッグ&ドロップ」すれば移動できます。

USBメモリの使い方

2018年10月4日

USBメモリにデータをコピーする方法

2019年4月24日

以上で「USBメモリに音楽を入れて楽しむ」の説明を終わります。