アフィリエイト広告を利用しています

Val関数で文字列を数値に変換する

文字列として入力されている数値を、Val関数を使って数値に変換します。

Val関数は通常の場合、どのような値でもDouble型に変換されます。

Val関数では変換できない場合は「0」を返します。

目次

Val関数の使用例

■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2525()

Dim v As Variant
v = Val("abc")
Range("B2") = v

v = Val("1234abc")
Range("B3") = v

v = Val("abc567")
Range("B4") = v

v = Val("0.123abc")
Range("B5") = v

v = Val("1,234abc")
Range("B6") = v

v = Val("あ0123abc")
Range("B7") = v

v = Val("&H12C")
Range("B8") = v
End Sub

文字列の中に数値に変換できる数値がないので、「0」を返します。

v = Val("abc")

abcの前の「1234」を返します。

v = Val("1234abc")

abcの後の「567」は認識されないので、「0」を返します。

v = Val("abc567")

「0.123」を返します。

v = Val("0.123abc")

「,」カンマは認識されないので、先頭の「1」を返します。

v = Val("1,234abc")

「あ」は認識されないので、「0」を返します。

v = Val("あ0123abc")

16進数の表し方です。(12C=300)

v = Val("&H12C")

■ マクロの実行結果

Val関数で文字列を数値に変換するマクロ

次のような文字列を数値に変換します。

■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2530()
Dim R As Integer
Dim C As Integer
Dim ActCell As Range

Range("B1").CurrentRegion.Select

For R = 0 To Selection.Rows.Count - 1
    For C = 0 To Selection.Columns.Count - 1
        Set ActCell = ActiveCell.Offset(R, C)
        ActCell = Val(ActCell)
    Next C
Next R

MsgBox "数値に変換しました"
End Sub

R、C、ActCellを変数として宣言します。

Dim R As Integer
Dim C As Integer
Dim ActCell As Range

B1セルを基準にアクティブセルの領域を取得します。

Range("B1").CurrentRegion.Select

R=0から行-1まで繰り返します。

For R = 0 To Selection.Rows.Count - 1

C=0から列-1まで繰り返します。

For C = 0 To Selection.Columns.Count - 1

メッセージボックスを表示します。

MsgBox "数値に変換しました"

■ マクロの実行結果

以上で「Val関数で文字列を数値に変換する」の説明を終わります。

目次