ファイルを操作するエクスプローラーの使い方




スポンサーリンク



ファイルを操作するエクスプローラーの使い方

Windows10パソコンには、タスクバーに「エクスプローラー」というツールがデフォルト(初期設定)でピン留めされています。

「エクスプローラー」は、ファイルやフォルダを操作するためのアプリです。

デスクトップでファイルやフォルダの複製、移動、削除、名前の変更などの操作をする時に利用します。

エクスプローラーがピン留めされてない場合、エクスプローラーの場所は「Windowsシステムツール」の中にありますので、右クリックでピン留めすることができます。

タスクバーのアイコンはクリックするだけでアプリを起動できるので便利です。

エクスプローラの設定

Windows10の初期設定では、エクスプローラーの設定がクイックアクセスになっています。

設定を変更して、使いやすくしてみましょう。

エクスプローラーの表示設定を変更する

エクスプローラーの初期表示をクイックアクセスからPCに変更する。

  1. 表示タブ → オプションをクリック → PCをクリック → OKをクリックする。
  2. この変更は次回にエクスプローラーを起動すると表示されます。

エクスプローラーを一度閉じてから開く

表示がクイックアクセスからPCに変更されている。

この方がPC全体が見られるので分かりやすい。

「>」マークを、クリックして展開できる

エクスプローラーに限らず、図にあるように、PCの左横に「>」マークを、クリックすると展開することができます。

ドライブ

パソコンに入っている、SSD(エスエスディー)やHDD(ハードディスク)や光学ドライブのことをドライブといいます。

エクスプローラーに表示されている、「ローカルディスク(C:)」「ローカルディスク(D:)」「光学ドライブ(E:)」などとアルファベットで表示されます。

このパソコンには、ローカルディスクが2つあります。

一つはOSなどのインストール用として、もう一つはデータ保存用にしています。

ドライブはなぜ、「Cドライブ」から始まるのか?

今は見かけなくなりましたが、フロッピーディスクというものがありました。


Windowsのシステムが登場する前のパソコンの仕組みは、OSを起動するのに「フロッピーディスクドライブ」が必要でした。

このドライブのことを「Aドライブ」と呼びました。

アプリケーションやソフトウエアを起動するフロッピーディスクを「Bドライブ」と呼びました。

HDDがフロッピーディスクを凌駕した

HDDの価格が安くなり、性能や使い勝手が良いのでHDDが主に使われるようになりました。

フロッピーディスクは使われなくなりましたが、「Aドライブ」、「Bドライブ」をフロッピーディスクが使っていたので、HDDドライブは「Cドライブ」から始まるのです。

以上で「ファイルを操作するエクスプローラーの使い方」の説明を終わります。




スポンサーリンク