エクスプローラーの使い方

エクスプローラーはファイルの閲覧や管理するためのものです。
エクスプローラーの初期画面は、「クイックアクセス設定」と「PC設定」があり変更する使い方があります。

エクスプローラーにあるファイルの選択方法、ファイルにチェックボックスを表示するなど、エクスプローラーの使い方を説明します。

エクスプローラーの初期画面を変更する使い方

エクスプローラーの初期画面の設定には、「クイックアクセス設定」と「PC設定」という使い方があります。

★ エクスプローラーのクイックアクセス設定画面

★ エクスプローラーのPC設定画面

初期設定の「クイックアクセス設定」と「PC設定」の使い方では、表示される内容がかなり違います。

クイックアクセスをPC設定に変更する使い方

「表示」>「オプション」をクリックします。

「フォルダーオプション」が開きます。
「クイックアクセス」を「PC」に変更します。
「OK」をクリックします。

一度、エクスプローラーを閉じて開き直します。
初期画面が、PC設定の使い方に変わります。

エクスプローラーのリボンの使い方

エクスプローラー画面の「∨」と「∧」のマークをクリックすると、リボンの表示・非表示の使い方ができます。

リボンが表示されていない時に、「∨」をクリックするとリボンが表示されます。

エクスプローラーのリボンの「ペイン」の使い方

表示タブを開くと「ペイン」が表示されます。

ナビゲーションウィンドウをクリックするとメニューがでます。
チェックを入れると、表示が変わります。

プレビューウィンドウの表示
ファイルのプレビューを見ることができます。

詳細ウィンドウ
ファイルの詳細について見ることができます。

エクスプローラーでファイルを選択する使い方

ファイルをコピーしたり移動したりする場合に、コピーするファイルを選択します。

この場合、複数のファイルを選択する時に、連続して選択するのか、任意に選択するのかにより方法が違います。

一つのファイルを選択する使い方

一つのファイルを選択する時は、そのファイルをマウスでクリックします。
選択したファイルが、アクティブになり色が変わります。

ファイルを連続して選択する使い方

たとえば、2番めのファイルから8番目のファイルまで連続で選択する時

2番目のファイルを「Shiftキー」を押しながら、マウスでクリックします。

次に、「Shiftキー」を押したままで、8番目のファイルをクリックします。
 そうすると、図のように選択されます。

任意のファイルを選択する使い方

たとえば、2、4、5、8、9のファイルを選択する時

「Ctrlキー」を押しながら、2番目のファイルをクリックします。

次に、「Ctrlキー」を押したままで、4、5、8、9のファイルをクリックします。
そうすると、図のように選択されます。

エクスプローラーのファイルやフォルダにチェックボックスを表示する使い方

ファイルやフォルダーの選択は、マウスの操作ですることができます。

これとは別に、エクスプローラーの「項目チェックボックス」を使うと簡単に選択することができます。

次の図のように、エクスプローラーのファイルにマウスポインターを合わせると、チェックボックスが表示されますので、ファイルを簡単に選択することができます。

チェックボックスを表示させる使い方

ショートカットの「Windowsボタン + E キー」を押します。

エクスプローラーが開きます。
表示タブにある「項目チェックボックス」にチェックを入れます。

フォルダーにも、「項目チェックボックス」が表示されます。

サンプルのフォルダーを「Wクリック」で開きます。
丸印にあるように、選択するものにチェックを入れます。

チェックボックスを非表示にしたいなら、表示タブにある「項目チェックボックス」のチェックを外せば元に戻ります。

については次の記事が参考になります。
★参照★ エクスプローラーを起動する設定

以上で「エクスプローラーの使い方」の説明を終わります。