ドキュメントを Cドライブから Dドライブに移動する方法




この記事は次の項目について書いています。
• 「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」「ダウンロード」など個人用フォルダーの保存先を変更し、ファイルを移動する方法を説明します。
• ドキュメントなどのフォルダーを移動するときの注意点

ドキュメントを Cドライブから Dドライブに移動する方法

「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」「ダウンロード」などのフォルダーは、通常、Cドライブに保存されています。

これらのフォルダーを「Cドライブ」から「Dドライブ」に移動させると、容量的に「Cドライブ」の負担が軽減されます。

また、Windowsの再インストールなどの時に、作用が比較的楽にすることができるようです。

フォルダーを移動するときの注意点

1.Windows10 がプリインストールされているパソコンは、「Cドライブ」1つしかない場合があります。その場合は、移動することができません。

2.保存領域のドライブを2つ持っている場合は、「Dドライブ」に移動することができます。

3.「Dドライブ」に移動する場合は、「Dドライブ」の中に「ドキュメント」や「ピクチャ」のフォルダを作り、その中にデータを移動します。

「Dドライブ」の直下に移動すると、標準の場所に戻したり、保存場所を変更したりできなくなる可能性があります。

4.「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」の保存先を、同じフォルダーに設定しないでください。
同じフォルダーに設定すると、標準の場所に戻したり、保存場所を変更したりできなくなる可能性があります。

5.「Cドライブ」から「Dドライブ」に移動した場合、バックアップの保存先の設定などを変更する必要が出てくることもあります。

移動する前に、バックアップや復元ポイントの作成など、十分注意して行ってください。

初めに Dドライブにドキュメントのフォルダーを作る

1.タスクバーにある、「エクスプローラー」のアイコンをクリックして起動します。

エクスプローラーを開くショートカット
「Windowsキー + E キー」

2.エクスプローラーの画面で、「Dドライブ」を「Wクリック」して開きます。

3.「Dドライブ」が開きます。現在、中にはまだ何もありません。
「右クリック」して、メニューから「新規作成」→「フォルダー」をクリックします。

4.「新しいフォルダー」が作成されます。

5.フォルダーの名前を、「ドキュメント」に変更します。

6.一度、エクスプローラーを閉じます。

ドキュメントをDドライブに移動する手順

1.エクスプローラーを開きます。
ドキュメントのところで「右クリック」します。
メニューの「プロパティ」をクリックします。

2.ドキュメントの「プロパティ」が開きます。
全般のタブを見ると、現在フォルダーの場所はCドライブになっています。

3.「場所」のタブをクリックします。
中央のパスが「C:¥Users¥ユーザー名¥Documents」になっています。

4.「C:¥Users¥ユーザー名¥Documents」を、「D:¥Documents」と変更します。
「移動」をクリックします。

5.「移動先の選択」画面です。移動先は「Dドライブ」の「ドキュメント」です。
左のメニューから、「Dドライブ」の「ドキュメント」をクリックして選択します。
「フォルダーの選択」をクリックします。

6.「ドキュメント」のプロパティに戻ります。
ドキュメントの場所が、「Dドライブ」に変更されています。
「OK」をクリックします。

7.警告画面がでます。「はい」をクリックします。

8.「ドキュメント」のところで「右クリック」して、「プロパティ」を開くと保存場所が(D:¥)に変更されています。
確認ができたら「OK」をクリックして画面を閉じます。

これで、「ドキュメント」をCドライブからDドライブに移動することができました。「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」などのフォルダーも、同様に移動することができます。

Dドライブに移動したドキュメントをCドライブに戻す方法

2019年5月19日

「ドキュメントを Cドライブから Dドライブに移動する方法」の説明を終わります。







スポンサーリンク