ゴミ箱のゴミを空にする方法




デスクトップ画面にある「ゴミ箱」は、不要になったファイルなどを入れるものです。ファイルなど不要なものを、ゴミ箱に入れるには「ドラッグ&ドロップ」で捨てることができます。

ゴミ箱は、ゴミがある状態とない状態で表示がことなります。

ゴミ箱のゴミを空にする方法

ゴミ箱のすべてのゴミを空にする

ゴミ箱の中のゴミを確認しないで、すべて空にする時は次のようにします。
1.ゴミ箱アイコンの上で、「右クリック」します。
 表示されたメニューの、「ゴミ箱を空にする」をクリックします。

2.削除の確認画面になります。
 「はい」をクリックします。

3.ゴミ箱が空になりました。

ゴミ箱の中を確認して空にする方法

ゴミ箱の中のものを確認して、本当にいらないものを捨てる時は次のようにします。
1.ゴミ箱のアイコンを「Wクリック」します。
 ゴミ箱の中が開きます。
 中のゴミを確認して、すべていらなければ、上の左にある「ごみ箱を空にする」をクリックします。

2.削除の確認画面になります。
 「はい」をクリックします。

3.ゴミ箱が空になりました。

ゴミ箱の中身を選択して削除する方法

1.ゴミ箱の中身を選択して削除する時は、削除するアイコンの上で「右クリック」します。
 メニューの「削除」をクリックします。

2.削除の確認画面になります。
 「はい」をクリックします。

3.ファイルが一つ削除されました。
 選択して削除する場合は、このようにします。

以上で「ゴミ箱のゴミを空にする方法」の説明を終わります。




スポンサーリンク