HDDやSSD の健康状態をチェック

HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディー)は読み書きを繰り返すと少しづつ劣化していきます。
そのため、HDDやSSD の健康状態をチェックすることは必要です。

HDDやSSD の健康状態をチェック

「CrystalDiskInfo」というフリーソフトを使うと、ハードディスクの健康状態をチェックすることができます。

上下どちらのものでも良いのですが、ここでは下のものをダウンロードします。

ダウンロード先の選択画面がでますので、適当な場所を選びます。
「保存」をクリックします。

ブラウザの下に「CrystalDiskInfo」が表示されますので、クリックして「開く」をクリックします。

「ユーザーアカウント制御」画面で「はい」をクリックします。

「同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

すぐにインストールが終わります。
「完了」をクリックします。

「CrystalDiskInfo」が起動します。
「健康状態」のところで現在のドライブの状態が確認できます。

複数のドライブがあるときは、切り替えて状態を見ることができます。

デフラグってやったほうがいいの

ハードディスクがデータを保存する場合、ハードディスクの中を小さなブロックに分けて、ファイルを複数のブロックにして保存します。

ハードディスクのデータは、保存と削除を繰り返すことでデータが物理的に離れたブロックに、飛び飛びで保存されることになります。

ハードディスクを「デフラグ」することで、この離れたデータのブロックをファイルごとに整理して、読み書きの速度を高速に行えるようにします。

SSDの場合は、物理的な保存位置は関係ないので、デフラグのメリットはありません。

デフラグのやり方

エクスプローラーを開きます。
ハードディスクを「右クリック」します。

「プロパティ」をクリックします。

ローカルディスクのプロパティの画面で、「ツール」→「最適化」をクリックします。

デフラグには時間がかかりますし、最近のハードディスクはキャッシュを搭載しているので、デフラグをしても効果が少ないということも言われています。

「エラーチェック」をクリックすると、ハードディスクのエラーチェックをすることができます。

以上で「HDDやSSD の健康状態をチェック」の説明を終わります。