初心者のためのキーボードの主なキーの役目




スポンサーリンク



初心者のためのキーボードの主なキーの役目

キーボードには重要な役目をするキーたちがあります。

それを知っていないと思わぬトラブルになってしまいます。

ここでは知っておくべき、キーボードの主なキーの役目を説明します。

初心者が初めに戸惑うのは、キーボードのキーの配置です。

一見するとアルファベットにしても、五十音にしても配置がバラバラです。

マウスでプログラムやアプリを起動して、文字や数字を入力するのはキーボードの役目です。

インターネットで何かを調べたいというときにも、検索欄にキーワードを入力できなければ調べることができません。

キーボードは貴方の命令を、コンピュータに伝えるための重要な道具です。

ローマ字入力とかな入力

キーボードの「キー」には、一つのキーにいくつもの文字が書いてあります。

他のキーと一緒に使って、一つのキーを使い分けているのです。

日本語の入力方式には、「ローマ字入力」「かな入力」があります。

ローマ字入力…キーボードからローマ字を入力して、日本語に変換する方式です。

例えば 「英語」 と表示したい時には、キーボードからローマ字で 「eigo」 と入力して 「英語」 に変換します。

かな入力…キーボードのひらがなのキーで 「えいご」 と入力して 「英語」 に変換します。

おすすめはローマ字入力
「ローマ字入力」と「かな入力」のどちらを使うのかは、貴方の好きな方でかまいません。

今までに、ワープロで「かな入力」を使っていたというような方は、「かな入力」を選んでも良いでしょう。

しかし、今までに全く使ったことがないなら、「ローマ字入力」をお勧めします。

  • ローマ字入力の方が一般的になっている。
  • キーボードのキーを覚える数が少ない。
  • パソコンの最初の設定が、ローマ字入力になっている。

などの理由があります。

[全角/半角] の切り替え
パソコンで文字を入力する時に全角と半角があります。

半角 12345 ABC
全角12345 ABC

パスワードの入力などは、半角で入力する場合がほとんどです。

メールアドレスは、半角文字しか使えません。

「半角/全角 漢字」キーで操作する
通知領域にある言語表示で現在の状態が分かります。

「半角/全角 漢字」キーは押す毎に、半角と全角を繰り返します。

図では「全角」になっていることがわかります。

この状態で「半角/全角 漢字」キーを押すと次のようになります。「半角」になりました。

マウスの右クリックで操作する
マウスのポインタで通知領域の 「A」 「あ」 の上を、右クリックします。

図のようなメニューがでますので、「ひらがな」または「直接入力」を選びます。

この場合
「ひらがな」「ひらがな」

「アルファベット」にしたい時は、

「直接入力」を選びます。

キーボードの練習ソフトの紹介

キーボ―ドを覚えるのに、最適と思われるソフトがありますので紹介します。

「美佳のタイプトレーナー」というソフトです。

無料のソフトですから安心して使ってください。

初心者の方は、指の置き方が分からないと思いますが、このソフトはどの指でどのキーを押したら良いのかを表示してくれます。

とにかく、初心者の方にやさしい作りになっていますので、このソフトで練習してください。

このソフトは、ZIPファイルを解凍するだけで使えます。

手順はこれから説明しますので、その通り進めていけば使えるようになります。

解凍ソフトがパソコンに入っていない場合

貴方のパソコンに、解凍ソフトがインストールされていない場合は、ZIPファイルを解凍することができません。
解凍ソフトのインストールの説明で解凍ソフトをインストールしてから行ってください。

「美佳のタイプトレーナー」を使う手順

1. 次のファイルをクリックするとダウンロードされます。

「美佳のタイプトレーナー」のダウンロード

2. 下図が表示されるので、保存先にデスクトップを選びます。

保存先はどこでも良いのですが、デスクトップの方がファイルを見つけやすいと思います。

もちろん、初めに表示されたダウンロード先でも、ファイルの場所が分かればそこでもかまいません。

ファイル名を確認して、右の下にある「保存」をマウスでクリックします。

3. デスクトップに図のような、アイコンの「ファイル」がダウンロードされました。

このような形のファイルをZIP形式といいます。

ダウンロードしたファイルのアイコンが、図のものではなくフォルダアイコンの場合は、PCに解凍ソフトがインストールされていない可能性があります。

4. このファイルを開くには、ファイルのアイコンを「ダブルクリック」します。

  • ファイルが解凍されて、フォルダができます。
  • フォルダは自動で開きます。
  • もしも、開かない時はできたフォルダをダブルクリックしてください。

5. フォルダの中の図のファイルをダブルクリックします。

6. 「美佳のタイプトレーナー」が起動します。

7. 使い方の例
・キーボード → 「Enter」

・キーボード → 「1」

・キーボード → 「1」

ここで、入力の練習ができます。

ソフトをタスクバーにピン留めする

このソフトをタスクバーにピン留めしておくと、タスクバーのアイコンをクリックするだけでプログラムが起動します。

  • フォルダの中にある「MIKAタイプ」のファイルを右クリックする。
  • 「タスクバーにピン留めする」をクリックする。

タスクバーにピン留めされた

これで、アイコンをクリックするだけで、「MIKAタイプ」が起動しますので使いやすくなりました。

キーボードの主な「キー」の役目

1 Caps Lock (キャプスロック) キー

このキーはアルファベットの大文字を入力する時に使う キー です。

使い方はShift(シフト)キーを押しながらこの キー を押すと、[A] というランプが点灯します。

[A]のランプの位置は、キーボードにより異なります。

もう一度、同じ操作をすると[A]のランプが消えて、アルファベットの小文字入力に戻ります。

2 Esc (エスケープ) キー

いま実行している操作をキャンセルするという意味がある。

コピーの操作をした後にEscキーを押せば、キャンセルされるため、貼付け作業はできない。

または、エクセルや検索窓に入力した場合、文字を確定させていない時に Escキー でキャンセルできる。

その他にもいろいろある。

3 ファンクションキー
使用するソフトにより、それぞれの機能が割り当てられている。BIOS画面を表示したりするのはF2が多い。

4 Backspace (バックスペース) キー
Backspace (バックスペース) キーはカーソルの左側の文字を消します。

5 Num Lock (ナムロック) キー
Num Lock (ナムロック) キーが有効の場合は、数字キーを使用することができます

また、図のようなランプが点灯します。

Num Lock (ナムロック) キーが無効になっている場合は数字キーを使用することはできません

無効の場合はカーソルを移動したりすることができます。

また、Num Lock (ナムロック) キーのランプがない場合はPCの画面に図のような有効か無効の状態が分かるように表示されます。

6 Shift (シフト) キー
Shift (シフト) キーを押しながら、文字キーを押すとアルファベットの大文字を入力することができます。

7 Ctrl (コントロール) キー
Ctrl (コントロール) キーは他のキーと合わせて使うと、特定の機能を実行します。

たとえば、「Ctrl+C」 (Ctrl キーを押しながら Cのキーを押すという意味です。)

  • 「Ctrl+C」…選択した文字をコピーします。
  • 「Ctrl+V」…上でコピーしたものを貼り付けることができます。

8 Alt (オルト) キー
Alt (オルト) キーは他の文字キーと組み合わせて、特定の機能を実行します。ソフトウエアにより機能が異なります。

9 Enter (エンター) キー
Enter (エンター) キーは作業の実行を決定する時に使うキーです。

10 Delete (デリート) キー
Delete (デリート) キーは入力した文字などで右側にある文字を消します。

11 矢印キー
矢印キーはカーソルを動かしたり、複数のページの次の画面を表示できます。

文字のコピー・アンド・ペースト

文字や文章をコピーして、貼り付けるという作業は良くあります。

コピー・アンド・ペースト(コピー&ペースト)とかコピペなどといいます。

コピペのやり方は、図のようにマウスでドラッグすると、色が変わります。

コピーする

このように文字の色が変わった状態で

「Ctrl+C」…「Ctrlキー と Cのキー」を同時に押すことで「選択した文字をコピー」することができます。

ペースト(貼り付ける)する

「Ctrl+V」…上でコピーしたものを、メモ帳などのテキストに貼り付けることができます。

例えば、メモ帳に貼り付けるとしたら、メモ帳を開いてから「Ctrl+V」とキーを押せば貼り付けることができます。

コピー&ペーストの方法は、マウスの右クリックでもできます。

慣れて来れば御自身でできるようになると思いますので、ここでは省かせて頂きます。

以上で「初心者のためのキーボードの主なキーの役目」の説明を終わります。




スポンサーリンク