数字が入力できない原因はNumLockキー




数字が入力できない原因はNumLockキー

テンキーとは、キーボードの右側にある数字キーのことで、計算をする時などに便利な数字キーです。

デスクトップパソコンのキーボードには必ずあります。

テンキーの使い道は、エクセル(表計算ソフト)などで数字を入力する時や計算式などを打ち込む時には、テンキーを使う方が圧倒的に便利です。

数字が入力できない

パソコンを普段は何気なく使っている訳ですが、ある時、パスワードや何かの調べごとで数字を入力する時に、テンキーから数字を入れると数字が入力できない。

「急にどうしたのかな?、パソコンが壊れたかな?」などと考えがちですが、冷静になりましょう。

キーボードの説明の所でも説明してありますが、このような時は慌てずに対処してください。

先ず、次のことを確認してみましょう。

  • 「Num Lock」キーが有効になっているかどうかの確認をする。
  • 「Num Lock」は「ナムロック」と読みます。

「Num Lock」キーが「有効」の時テンキーが使える

テンキーで数字を入力するには、「Num Lock」キーが有効になっている必要があります。

「Num Lock」キーが有効か、無効かを確認する

  1. 「Num Lock」キーの状態を示すための、表示がある場合はランプで確認します。
  2. ワイヤレスキーボードなどではランプはないものがあります。その場合は「Num Lock」キーを押す毎に、PC画面に次のように表示されます。

「Num Lock」キーが無効になっている場合

  1. テンキーを押しても数字は入力されません。
  2. エクセルなどの入力画面では、セルが移動します。

今まで使えていたものが、使えなくなったりすると思いのほか焦ったりするものです。

しかし、原因は意外と簡単なものだったりするものです。

テンキーで数字が入力できない時は、「Num Lock」キーの状態を確認してみましょう。

以上で「数字が入力できない原因はNumLockキー」の説明を終わります。




スポンサーリンク